375565

の違いってご存知ですか?

宙を跳び回り形こそ同じに見える
この2つの違いって思えばよく知らない!
って方も多いのでは?


本日の豆知識!
蝶と蛾の違いについてまとめました。

 Sponsored Links

蝶と蛾の違いとは?

蝶と蛾の違いは様々言われがあるので、
どれが正しいということが残念ながらありません。

実際には蝶も蛾も「鱗翅目」
つまり極端な事を言えば同じです。

ですのでなかなか区別するのが難しいのは
お解りいただけるかと思います。


しかし、その中でも言われる違いには、
「触角」の違いです。

の触角は一部を除き、ほとんどがこん棒形であり、

の場合には先が尖っていたり、
くし状になった触角を持ちます。


多く言われる

  • 蛾は鱗粉が禿げやすい
  • 蛾は地味
  • 蝶は昼に飛び、蛾は夜飛ぶ
  • 蛾は羽根を広げて止まる

・・・といったものは、そうではないことも多いので、
決定的な違いには繋がらない事が多いです。

 Sponsored Links

蝶と蛾の幼虫の違いや見分け方は?

蝶と蛾の幼虫の違いについてですが、
これも成虫同様に大変、見分けがつきにくいです。

毛を蓄えているのは蛾で緑色のが蝶!
という区別を多く見かけますが、それも一概に言えません。


例えばアゲハチョウの幼虫はいわゆる
アオムシで目の様な独特な柄が入っています。

見た目にもそっくりなのにしっぽが尖っているものもあり、

私も実際小学生の頃にさぞ大きな綺麗な蝶に
羽化するものだろう・・・と楽しみにしていましたが、
実際にサナギから出て来たのは大きな蛾でした。

中には「蝶を完璧に全て覚えれば、他は蛾」という
意見もありますが納得の意見です。


ただ、全てを覚えるのは非常に困難で、
よっぽど好きであっても全部を覚えるのは
ほぼ不可能といってもよいでしょう。

また、研究者によっても見解が異なり、
つまりは定義がない

同じ鱗翅目ですから、
定義がないことも大きく頷けると思います。

蝶と蛾の種類はどれくらいあるの?

蝶と蛾の種類・・・

として認識されているものは約260種類ほど、
とされているものには5000種以上存在しています。

鱗翅目のほとんどは蛾である!
・・・と思ってよいのかもしれません。


日本で言われる「鱗翅目」には、

アゲハチョウ上科、セセリチョウ上科、コバネガ上科、
マガリガ上科、ボクトウガ上科、ハマキガ上科、ヒロズコガ上科、
スガ上科、スカシバガ上科、ニセハマキガ上科、キバガ上科、
シンクイガ上科、マダラガ上科、カイコガ上科、スズメガ上科、

・・・など24上科あり、この分け方の中で
学者によって見解が違っている部分もあります。

この中でもアゲハチョウ上科にも
更にシロチョウ科など多く含まれています。


キレイかどうかなどで分ける物でもなく、
地味な蝶も入れば派手な蛾も居る鱗翅目

興味があるならば研究してみるのも
一見の価値あるかもしれません。

 Sponsored Links