Print

同じ様な生地を使った衣類に、
トレーナースウェットがあります。

どちらもカジュアルに着たり、部屋着にもなる衣類、
これはどんな違いがあるかご存知でしょうか?

今回はトレーナーとスウェットの違いなどについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

トレーナーとスウェットの違いは?

トレーナーとスウェットの違い・・・
ずばり正解はどちらも同じ

正しくはスウェットシャツといい、
トレーナーは和製英語です。

カジュアルブランドであるVANの社長が
ボクシングのトレーナーがよく着ている事から
ヒントを得てトレーナーと名付けたのが由来です。


本来のスウェットとは
吸水性に優れた汗を吸いやすい素材のことを言います

今ではスウェットを部屋着のイメージ、
トレーナーがカジュアルアイテムのイメージが強いですが、
本来はどちらも同じなのでその区別は意味はありません

 Sponsored Links

トレーナーやスウェットと同じ素材のパーカーとの違いは?

同じ生地を使ったものにパーカーがあります。

実際には様々な素材を使っていますが、
中にはスウェット生地を使ったものがあります。

ジップ付きのものとトレーナーにフードが付いたもの、
どちらもパーカーと言います。


正式にはパーカと語尾は伸ばさない様で、
首の根元からフードが付いているものを
全て総称したものを指すものです

本来のパーカはお腹の当りにポケットがあり、
ストリートウェアとして広く広まった様です。

スウェット生地にフードが付いているものに関しては
パーカーでもスウェットと呼んでも特に誤りではありませんが、
その特徴で言いかえることの方が多いです。

カットソーやTシャツ、プルオーバーの違いは?

ジャージとの違いは?

ジャージとは衣類の商品名ではなく、
ニット製品の編み方の一種を指しています

ジャージ編みといい伸縮性があり、
メリヤス編みとも呼ばれています。

身体の動きを妨げない様にジャージ生地で使い作られた
トレーニングウェアをジャージと呼びます。


スウェットもジャージと同じメリヤス編みで、
素材は綿ですがジャージと呼んでも差し支えはありません。

一方、ジャージポリエステル生地
ポリエステル混紡のイメージ。

乾きが早いのでスポーツのユニフォームや
トレーニング着として採用されているのもポイント。

柔らかく汗の吸収がよくやや乾きにくいのがスウェット

乾きが早くスポーツウェアになっているものを
ジャージと区別している方が一般的の様です。

 Sponsored Links