a48779e4426d9405dd494a693284462a_s

古くより日本の食卓にあがる「豆腐」

そのままお皿に盛りつけられると「冷奴」と
名前が変わりますが、その違いはなんでしょう?

同じ豆腐であるのに名前が違う・・・
今回は豆腐と冷奴の違いについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

そもそも冷奴の名前の由来とは?

豆腐の食べ方は色々とありますが、
シンプルな食べ方として冷奴

温めて食べれば湯豆腐になります。

湯豆腐はなんとなく意味がわかるものの、
冷奴」はどうして言われる様になったのでしょう?


それは江戸時代にさかのぼり、

当時の武家屋敷で雑務を行う方々を「奴(やっこ)」と呼び、
白抜きの大きな四角模様の半てんを着ていました。

参勤交代時期ともなると多くの奴が雇われ、
集団で移動することからこの半てんが目立ち、

シャレで四角いものの事を「奴(やっこ)」と呼んだそうです。


その内、立方体(四角)に切る事を「奴に切る」と呼ばれ、
この呼び方が転じて冷たい豆腐を四角に切ったものを
「冷奴(ひややっこ)」と呼ぶ様になった様です。

 Sponsored Links

豆腐と冷奴の違いは木綿か絹ごしかの違い?

冷奴って食べている時に食感に違いがありませんか?
ツルンと喉越しがよいのが冷奴の特徴です。

豆腐は本来ある形は「木綿豆腐」であり、
江戸時代中期頃に絹ごし豆腐が誕生した様です。


木綿豆腐と絹ごし豆腐は、
白くて四角い以外の見た目や食感にも違いがあり、
原材料は全く同じですが製造工程の違いにあります。

木綿豆腐は大豆を搾って作った豆乳に
凝固剤を加え固めて一度くずして圧力をかけて
水分をしぼって再び固めます。

絹ごし豆腐は、豆乳に凝固剤を加え
そのまま固めて作っています。


そのため、現在では2種類の豆腐があり、

冷奴も基本は絹ごしですが、
好みによっては木綿でも楽しまれている方もいらっしゃいます。

料理によっての使い分けや食感の好みといったことで
2つの豆腐が食べ分けられることは豆腐の魅力なのかもしれません。

豆腐と冷奴は栄養にも違いがある!?

木綿豆腐と絹ごし豆腐の製造工程の違いをお話しましたが、
同じ大豆から出来るものですが栄養の違いがあります。

同じ材料・加えるものも同じなのに、
なぜ栄養が異なるのでしょうか?


木綿豆腐と絹ごし豆腐の栄養は若干の違いがあり、
木綿豆腐は製造過程中に水分を搾るので、

その分、栄養分が凝縮されるため、
たんぱく質・カルシウム・鉄分が絹ごしの2~3割多いのです。

逆に水分をしぼってしまうことで
ビタミンB群やカリウムは流れ出てしまうので、
その点では絹ごし豆腐の方が含んでいます。

つまり、豆腐と冷奴の本来の違いは、
水分量や食感・栄養価といった違いがあるのです。



また、冷奴以外での絹ごし豆腐の食べ方ですが、

木綿豆腐の方が扱いやすい「揚げ出し豆腐」なども
実は絹ごし豆腐で作ると食感が滑らかでトロッとした食感になります。

他にも麻婆豆腐などで絹ごし豆腐で作る場合には、

一度湯にくぐらせてから水気を切っていれると、
崩れにくくなるのでひと手間加えてみるといいですよ!

 Sponsored Links