ec31644def198d47dd24b7cdc2ce5d65_s

ビジネスシーンでよく出て来る「殿」「様」
どちらかが宛名で名前の下に敬称を付けると思います。

この違いは使い方に決まりがあるのでしょうか?
なんとなく使っているとビジネスマナーに響くかも?

今回は、殿と様の違い
使い分けなどについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

殿と様の意味の違い!

それぞれの意味を知って見えて来るものもあるので、
殿と様の意味からご紹介しましょう。

「殿」はご存知の通り、
昔は身分の高い官職名に付けられていたものです。

さらに本来は邸宅を意味している事から、
邸宅に住む人に際して使う言葉でもありました

つまり、大きな屋敷に住む様な殿様や富裕層など
格式の高い方を差して用いるものということです


「様」はひっくるめる意味を表す語です。

その中に人に対しての敬称として存在し、
居所や身分、名前に敬意を表している意味もあります

実際には殿よりも丁重な表現です

そうした本来の意味がある上で、
現在では人に当てた敬称という部分では同じです。

 Sponsored Links

殿と様の使い分け方!社内や役職でも違ってくる!?

会社ルールなどもあり、一概ではありませんが、

ビジネスマナーとして、殿目下の者に使い
目上の方にはを使うと習った方も多いと思います。

その中でも役職を宛名に書く事も多く、
この場合「◯◯部長様」と書くべきか?

・・・悩む事があります。

社内メールなどでも何を使ったらいいのか?
その場合はを使う事が1番無難です


実際に殿も様も敬称ですので
細かな使い分けはありません。

殿は昔の領主が領民にあてた触れ書きでもあるので、
口に出して「◯◯殿」と言うと違和感があるのと同様、
見下した感じを受けてしまう事もありえます。

ビジネスシーンではを使う事がベストです。

御社と貴社の違いや使い分け方!


辞書などで調べると
殿役職に付ける敬称とあります。

また、リアルなビジネスシーンでは
の使い方でも

・◯◯支店長
・◯◯支店長

「様」を付けると二重敬語で間違いだ!
・・・と指摘される事もありえます。


ビジネスでは「おかしい」と分かっていても
あまり面識の無い方に対して敬称を使わない抵抗を感じるもの!

そのため、を用いることもあるのです。

迷ったときは上司に相談するという方法も1つですが、
1番手っ取り早いのはを付けた方が無難です。

女性宛てに使う場合も殿と様の使い分けは必要!?

女性宛の手紙に殿を使うと失礼!
・・・という話を耳にしました。

実際には女性に使っても特に失礼という事はなく、
本来は男女ともに使っても問題はありません


しかし、先にお話しした通り、
殿の使い方には様々な考えや意向もあります。

見下した様にも見えて失礼という意見もあるので、
オールマイティーなを使うことが安心です。

 Sponsored Links