5dbeec03c12e368c8fff02605a2259e1_s

私たちの身近にあるお寺神社

違いとしてはお墓がある方がお寺で、
鳥居が祀られている方が神社と認識していると思います。

他には違いってあるの??

色々な理由で訪れる
お寺と神社の違いについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

お寺と神社は起源や祀られている神も違う?

お寺と神社の違いといえばお墓があるか?鳥居があるか?
・・・などを思い浮かべると思います。

実は寺と神社には
祀られている神も異なれば起源なども違いがあります


お寺はインドや中国から渡った仏教です。

仏様を祀り、僧が仏法をおさめるもので、
僧侶、尼、住職がいて御本尊に仏様を安置しています。

仏様には、

・大日如来
・薬師如来
・釈迦如来
・聖観世音菩薩
・文殊菩薩
・地蔵菩薩
・不動明王
 

といった仏様がおります。

さらにお寺は「院」「庵」「大師」「寺院」など
名称がありますが全て同じです


神社の起源は神の住む場所とされている禁足地や
盤座(いわくら・いはくら)などで行われた祝辞典で

臨時に建設した神籬(ひもろぎ)など祭壇が起源とされ、
本来は沖縄の御獄(うたき)の様なものであったとされます。

神社は神道に属し日本の神が祀られていて、
「大社」「神宮」「神社」があります。


その他の違いとしてはお寺は神様を拝む事が出来ますが、
神社は決った日にのみ御開帳として拝む事はできます。

神社ではそれ以外、
祀られている神を見る事はできません

 Sponsored Links

お寺と神社は建物にも違いがある?狛犬があるのはどっち?

お寺と神社の建物の違いは一目瞭然。

まずお寺には山門という立派な門があり、
本堂、僧堂、参道、手水舎などがあります。

鳥居がなく鐘が設置されている事が一般的です


対する神社はご存知の通り門の代わりに鳥居があり、
本殿、拝殿、参道、手水舎があります。

およそ入口付近に狛犬が設置されている事が多いです。

狛犬は飛鳥時代に日本に渡り、その時代は獅子でした。

左右に違いは無かった様ですが、平安時代になり
それぞれ異なった外見を持つ獅子と狛犬の像が対に置かれる様になります

時代が経つに連れて現在では
共に狛犬と呼ばれる様になった様です。


神社にいる事が一般的ですが、
寺院にもおかれているところもあります。

役割りや名前の由来には諸説ある様ですが、
魔除けに用いられる事があり
「拒魔(こま)犬」と呼ばれた様です。

お寺と神社はお参りや参拝方法にも違いがある!?

神社は初詣など決った参拝方法があります。

うろ覚えで周囲の方のお参りの仕方を参考に
見よう見まねでやってるなんて方も少なくないですね。

神社では鳥居の前で一礼し手水舎で手と口をすすぎ、
基本は二拝二拍手一拝を行います



では、お寺はどうでしょうか?

案外と知られていないのですが、中に入る前に
山門の前で一礼し、手水舎で手と口を清めるまでは同じ、

その後、鐘をつきロウソクと線香を供えます

ロウソクや線香の火を他の方からもらうと
業を受けると縁起が悪いとされNGです

 Sponsored Links