b53fc62368015b16c08d3f3fc00724ca_s

就業時間が過ぎ会社を後にすることや
会社自体を辞める時に出て来る退職退社

稀に間違えて理解している方がいて
びっくりしてしまう事があります。

この違いをきちんと理解しておくことは、
ビジネスマナーとして必要です。

今回は、退職と退社の違いをご紹介します。

 Sponsored Links

退職と退社の意味の違い

退職と退社の違いは双方の漢字を
よく見てみるとわかります。

・退職・・・会社(職)を辞めること
・退社・・・会社を辞める・仕事が終わって引き上げる事

退社に関しては2つの意味を含めていて、
この区分けは特に詳しく分ける必要はない様です。


履歴書などの記載の際には、
入社があったら対義語である退社が正解という説と
退職のほうが良いのでは?ということを耳にします。

ただ、そうともなると電話での口頭での対応では、
会社自体を辞めてしまったのか?

仕事が終わって帰宅してしまったから不在なのか?

判断が難しく相手に誤解を招いてしまうこともあるので、

口頭では仕事を終えて不在に関しては退社
会社を辞めてしまった場合には退職を使うのが無難です。

 Sponsored Links

履歴書に書くときの退職と退社の使い分けは?

履歴書では退職と退社はどちらを使っても良いとしましたが、
それぞれ本来の意味には違いがある様です

退職はその職を退いて労働契約を解除する方法で、
他に離職辞職など表現をする場合もあります。


対して退社は、一般社団法人や会社、特定非営利活動法人、
医療法人など広義の社団、社団法人の社員の方が辞める事

簡単にしてしまえば会社の社員であった方が
会社を辞める場合に使うと言うことです。



アルバイトやパート、派遣社員が辞める時は退職と退社どっち?

アルバイトやパート、派遣社員や契約社員など
今では働き方がたくさんあります。

こうした働き方をして、いざ転職となった場合、
前に働いていた先は退職と退社はどっちなのだろう?

・・・そこまで考え抜く方はさすがです!

それというのも殆どの方が気にせず、
退職も退社もどちらかを使っており、
それも間違いではありません。

しかし、出来るならどっちか知りたい!
そう思うのが心情ですよね。


先ほど会社で正社員として働いていた場合は
退職とご紹介しました。

法律上では正社員と契約社員といった区別はなく、
契約社員で辞めた場合は退職としています。

また、アルバイトやパートの場合は
退社を使う事が望ましいとされています。

パートとアルバイトの違いは?


では、派遣社員は?・・・となると

派遣社員は直接雇用しているのは派遣会社であり、
派遣先を契約満了や自己都合で辞めたとしても
その会社を辞めたという意味合いにはなりません

契約満了の場合には、派遣契約満了につき退社

自己都合の場合には一身上の都合により退社
・・・という使い分けが一般的です。

 Sponsored Links