337826

食材を買ったら気になる「賞味期限」「消費期限」

以外と知らないという方も多く、
知っておくと話のネタになるかもしれません。

食品に大切なこの2つ、
賞味期限と消費期限の違いをご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

食品の賞味期限と消費期限の定義の違い!期間で変わる!?

現在では賞味期限と消費期限の2つで
食品の期限を表示しています。


まず賞味期限については劣化が比較的遅い食品、
日持ちする様な食品に対して使用します。

例えば、スナック菓子やカップ麺、
レトルト食品、缶詰、ジュースや牛乳など・・・。

しかし、期限を過ぎたからといって
食べられなくなるといった訳ではないものもあります。

牛乳などは流石に生鮮食品でもあるので、
開封せずにその日を迎えた場合に、
それまでの保存状態によってどうかは実際わかりません。


そして消費期限ですが、反対に劣化が早いもの
5日以内には鮮度が落ちるものなどに用いります

例えばお弁当や調理パン、総菜やお刺身などの生もの。

正しい方法で保存したものにおいて
腐敗・変敗・その他劣化に伴って、
安全性を欠く恐れが無いと認められる年月日を言います


これにおいても過ぎたら直ぐに食べられないか?

・・・と言えば、そうではない事が多いので
最終判断は消費者にゆだねられます。

例えば期日を過ぎた物を食べて食あたりになっても
メーカーや店舗は責任を負う必要はありません。

 Sponsored Links

賞味期限や消費期限の表示がないものもある!?

賞味期限など中には
表示がないものもあるのはご存知でしょうか?

例えばアイスクリームなど!

⁻18度以下での冷凍保存の状況から微生物の繁殖はしない!

・・・という観点から、品質劣化が極めて安定し
小さい食品のため、そうした設定を設けていないのです。


乾物などもそうですが、古くからある梅干しも
昔ながらで製造されたものにおいては
常温保存が可能で腐らないものなので記載がありません

梅干しの専門店などへ出向くと、
10年ものや20年ものなど古くの梅干しもありますしね!



その他に、お酒などのアルコール度数が高い
ウィスキーや泡盛、さらに砂糖や塩など・・・

腐食しないものは記載がありませんので、
ぜひ、ご家庭にあるものでチェックしてみてください。

アメリカなど海外の表示方法は違う!?

今では輸入物も多くなりましたが、
アメリカの場合は賞味期限として表示はありますが、
見方が統一されているわけではなさそうです。

2016-03-29_173816



例)「EXP12-15」「Exp. date…..」

EXPやEXP.dateの後に数字が並んでいる表示は、
「expiration date」の略であり、

・有効期限
・満了日
・期限期日
・耐用年数
・使用期限
・賞味期限

と広い意味になりますが、
要するに賞味期限という意味の様です。


「EXP12-15」という記載があった場合は、
2015年の12月までという意味です。

一般的に「30/11/15」というものも多く、
「日/月/年」の並びになり2015年11月30日という意味です。

 Sponsored Links