cf3d8a2766940a850f3b80b2dbeb1f64_s

一人暮らしや結婚で実家を出て新たな生活を始める時、
改めて購入したりする調理器具。

その中で鍋にステンレスやアルミなどがあり、
どちらがどう違うのか分からないことも・・・。

どの様な違いがあり、
メリットやデメリットがあるのでしょうか?

今回はステンレスやアルミの鍋の違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

ステンレスとアルミの鍋の違いを比較!その見分け方は?

ステンレスとアルミといえば、
ステンレスの方が錆びにくいというメリットがありますね。

まず大きな違いとして、
持ってみると重さが違います


アルミは非常に軽くさらにお値段も手頃、

一人暮らしで鍋を買いそろえる場合には
こちらを選ぶ事も少なくありません。

しかし、アルミはステンレスと比べると
焦げやすく柔らかいため形が変形する
といった事が起こりやすいデメリットがあります。

そうしたデメリットをメリットにしたのが
ステンレスと考えてもよいでしょう。


熱伝導率はアルミの方がよいですが、
逆に熱を保つのはステンレスです。

ステンレス鍋も全く焦げにくい訳ではないですが、
比較的、焦げも落としやすく形の変形がしにくいメリットがあります

 Sponsored Links

ホーロー鍋との違いやメリット・デメリットは?

今では鍋の材質も非常に多くオシャレな物が多いです。
中でも人気のル・クルーゼなどのホーロー鍋

料理が趣味という方なら憧れのメーカーですが、
このホーローとステンレスやアルミとの違いはどこか?



ホーローは鉄製の鍋にガラスを吹き付けし、
何層にも焼き付けして表面がガラス製になっている素材。

酸に強く熱伝導率や保温性に優れ、
特に煮込み料理などに適しています

しかし、衝撃には弱く、
急冷や空焚きは厳禁など扱いに注意が必要です。


さらに焦げを作ってしまった場合に、
クレンザーなどで表面を傷つけてしまうと
ホーローが剥がれてたり劣化の恐れがあるので注意です。

スポンジなどでこすり洗いが基本です

セラミック鍋やテフロン鍋との違いは?

今ではセラミック製品(陶磁器)の鍋もあります。

特に耐熱性セラミック鍋は空焚きも出来るので、
自宅で焼き芋を楽しむなんて事も可能です。

ル・クルーゼよりも出来る事が多い
ケデップなどが特に人気です。



遠赤外線効果が高く保温性が高いのも特徴

一般の鍋と比べ加熱時間が7割程度でよく、
あとは蓋をしておくだけで余熱で調理出来てしまいます。

急激な温度変化にも強いですが、
IH調理器具での使用が出来ません



さらに焦げ付きにくくユーザーも多いテフロンは、
アルミやステンレスを主にフッ素樹脂を表面に施し、
焦げ付きや水を弾く性質を持っています

高温と衝撃や摩擦に弱く、
表面の樹脂が剥がれてしまうと劣化します。

 Sponsored Links