4af5051275b21bf830ef2d52670a290b_s

キャベツにもたくさん種類がありますが、
春キャベツ普通のキャベツの違いはご存知ですか?

甘みがあり柔らかい春キャベツは通常の
キャベツとは違いがあります。


今回は、春キャベツとキャベツの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

春キャベツとキャベツの違いや特徴!見分け方は?

春キャベツとキャベツの違いには、
出回る時期の違いがあります。

春キャベツの出回る時期は3月~7月始め頃まで
”春玉”や”新キャベツ”などと呼ばれています。

春キャベツが終わった後に出回る
11月~3月頃は冬キャベツとなり、

”寒玉”や最も寒い時期に収穫されるものには、
”越冬キャベツ”といった名前で出回ります。


春キャベツの特徴は、
葉が柔らかくて薄めで水分が多く瑞々しく
甘みがあり球状は小さめです

さらに葉の巻きが緩いので手に取るとフワッと軽く、
半分に切られたもので確認すると、
言葉が悪いのですがスカスカした感じがあります。

そして中まで黄緑色で加熱よりも生食に向いてます
サラダや浅漬けなどでおいしさを楽しむ事ができます。


収穫時期が無い7月~10月のキャベツは?と思いますよね!

この時期のキャベツは夏秋(かしゅう)キャベツといい、
”高原キャベツ”とも呼ばれ耐熱性を持つ寒玉の改良品種です。

寒玉・高原キャベツともに特徴は、
大きくて葉の巻きがしっかりしていて重みがあります

 Sponsored Links

春キャベツとキャベツの栄養にも違いはあるの?選び方は??

春キャベツとキャベツの栄養の違い!
気になりますよね。

実際には大きな違いはなく、
キャベツの特徴的な栄養分である
ビタミンCやビタミンUを多く含んでいます

他に食物繊維やカルシウムといった成分にも
違いはありませんのでご安心を。


よい春キャベツの選び方は、
持って見て軽く、葉が瑞々しいものを選びます

逆に他の季節のキャベツは
ずっしりと重く育ち過ぎて割れていないものを選びましょう

育ち過ぎているキャベツは中を切ってみると
花が咲きそうな花芽を持っている事があります。


また、どちらにも言える事ですが、
芯の切り口が綺麗なものを選びましょう

新キャベツとキャベツを使ったおすすめの料理は?

一般的な冬キャベツと高原キャベツは、
わりと万能で千切りにしてフライと共に盛りつけて食べたり、
ロールキャベツや煮込み料理に使われます。

春キャベツは先ほど少し触れた通り、
葉の柔らかさを活かしてで食べる事を勧めています。

ただ、実際にはその柔らかさや甘みを活かして、
一般的なキャベツ同様の食べ方をしてもおいしいです!


新キャベツでロールキャベツを作ると、
普段ならトロリとするまで時間がかかりますが、
新キャベツなら比較的早い時間でトロっと煮込む事が出来ます。

炒め物などはいつものキャベツよりも
短時間で強火で一気に炒めるのがポイント!

「火が入ったかな?」程度でお皿に盛りつけないと、
余熱でどんどんとしんなりし過ぎてしまうので注意を。

 Sponsored Links