05cd6e82387d8e3bf17269f7caa3749d_s

日本独特の麺類といえば、

そうめんにゅうめんひやむぎとありますが、
この違いって一体なんでしょう?

夏に活躍するものもあれば冬に楽しむ!
・・・なんて食べ方もありますが、

今回はこの違いについてご紹介したいと思います。


 Sponsored Links

そうめんやひやむぎの違いは太さや油の違い!?

夏の定番!

冷たく冷やして食べるそうめんひやむぎですが、
地域によってもどちらを消費するかどうか違いもある様です。

見た目にもそれほど違いが無い様に思いますが、
この2つの違いは「太さ」の違いがあります。


日本農林規格(JAS)の基準では、
それぞれの直径によって区別をしています。

・そうめん:1.3mm未満
・ひやむぎ:1.3mm~1.7mm未満

手延べとなると1.7mm未満の場合には、
どちらを使っても良いとされています。

思えばひやむぎの方が太い気がしますね。



そして原材料や製法にも違いがあり、
基本の材料は「小麦粉・水・塩」で同じですが、
そうめんには「油」がプラスされます。

食べる時には特に感じませんが、
そうめんは棒状の生地に細く伸ばして作られるため
乾燥を防ぐ為にを使っています。


なお、ひやむぎに関しては、
生地を練って伸ばした後に切るので、
特に油を使用する必要がないというわけです。

 Sponsored Links

そうめんとにゅうめんにも違いはあるの?

そうめんと似通った料理に「にゅうめん」があります。

いわゆるそうめんを使った暖かい麺料理で、
醤油味や味噌味などの汁と好みの具材で煮た料理を言います。


また、宮城県白石市の特産品である
「白石温麺(うーめん)」は、そうめんの1つで、

江戸時代初めに白石に住んでいた大畑屋鈴木浅右衛門が、
胃の弱い父のために旅の僧に習った
「油を使わない麺」の製法を苦心の末に会得し創始したのがきっかけ。

細いそうめんを油を使わずに作る製法は、
その前にも大和国(現在の奈良県)を中心に存在していた様です。




上品な味であり他のそうめんよりも高級とされ、
東北地方南部に流通しており、

仙台藩主の伊達家から大名や公家への
贈答品としても用いられていました。

そうめんとひやむぎはカロリーも違う?うどんと比較すると?

白くて長い麺には
そうめんやひやむぎの他に「うどん」があります。

うどんの太さですが1.7mm以上とされています。

なんとなく夏に食欲がなくてヒンヤリしていて
喉越しがよいので、麺類を食べる事が多くなりますが、
実際にはカロリーを見ると驚くものがあります。


それぞれ100gのカロリーですが、

・そうめん:356kcal
・ひやむぎ:389kcal
・うどん :270kcal

この他に具材やつゆなどのカロリーがプラス!
実にご飯よりもカロリーが高いのにビックリしますね。


麺類はご飯を食べるよりもつい食べ過ぎてしまうので、
注意しないとカロリーオーバーになってしまいます。

 Sponsored Links