f8c84b88032aa2c114a70d8c01c0c7f6_s

スーパーなどで並ぶきのこ類。
いっぱいありますがしめじぶなしめじの違いはご存知ですか?

香り松茸、味しめじ・・・などと呼ばれるますが、

今回はしめじとぶなしめじの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

しめじとぶなしめじの違いと特徴

通年ハウス栽培されているので見かけるしめじ

これはぶなしめじであり、
もしくはひらたけと言うキノコです。

しめじと呼ばれるきのこにも種類があり、
昔から言われる味しめじはシメジ属の本しめじのことで、
市場にはほぼ出回っていないしめじです


本しめじは生きた木に付く菌根菌で、
人工栽培することがとても困難。

本しめじはアカマツやコナラといった木に寄生、
同じ菌の種類では松茸やトリュフと並びます

また、本しめじは松茸やぶなしめじに比べると
きのこ類のうまみ成分である
グルタミン酸やグアニル酸が圧倒的に多く食感もよいです


そうとはいえ、ぶなしめじもおいしいきのこ!

本しめじと並ぶ味にするには、
ぶなしめじを干してから使う事!

うまみ成分であるグアニル酸が約2.5倍増えた!
という実験をTVでやっていました。

 Sponsored Links

しめじとぶなしめじの栄養やカロリーの違い!保存方法は?

しめじとぶなしめじの栄養の違いはなく、
うまみ成分の違い程度です

カロリーは、

本しめじ  14kcal
ぶなしめじ 18kcal

ぶなしめじは茹でて加熱をすると
21kcalとカロリーがあがります。


体内の余分な塩分を排出する働きを持ち、
高血圧予防が期待されるカリウム

整腸作用のある不溶性食物繊維
カルシウムの吸収を助ける働きのあるビタミンDを含みます。

他にも血行をよくするナイアシン、
代謝を助けるパントテン酸などを含み、
さらには免疫力を高めるβグルカンを含んでいます。



なお、保存ですが石突きをはずして軽く水洗いをし、
よく水気を切って冷凍保存がオススメ。

うまみアップ!
解凍せずそのまま調理してください

えのきやブナピーとの違いは?

同じく店頭に並ぶきのこで、
ポピュラーなものにはえのきがあります。

えのきはぶなしめじと同じく腐朽菌という菌で育ち、
木から一方的に栄養を摂取して、木を腐らせて育つ菌です

本しめじは木を腐らせる事はなく、
栄養をお互いに共生しながら育つ菌なので
そうしたことで人工的に育てる事が難しいのです。


ちなみに真っ白なきのこ、ブナピー

これは、ぶなしめじの白色種であり、
きのこ製造会社であるホクト株式会社の登録商標。

一般的な名称はホワイトぶなしめじと言います。

ブナピーはぶなしめじに比べると
ほのかな甘みがあり喉越しがよいのが特徴です

ちなみにブナピーの”ピー”は、
歯ごたえプルンプルンの「P」を表している様です。

 Sponsored Links