f0f6c2fcb5ff07747681198d32c8e580_s

高速道路を走行していて目にする
サービスエリア(SA)パーキングエリア(PA)

長時間の運転や乗車で気分転換ができ、
ご当地名物なども並んでいて楽しい場所でもあります。

しかし、この2つって違いはご存知ですか?

なんとなく同じものなのでは?
・・・なんて思ってましたがやや違いがある様です。


今回はサービスエリアとパーキングエリア、
この2つの違いについて調べてみました。

 Sponsored Links

サービスエリアとパーキングエリアの定義の違い

サービスエリアとパーキングエリアの違いは、
「何を必要としているのか」

そして「トイレの設置有無」など、
その目的の違いがある様です。

現在では類似しているので
ハッキリした線引きが難しいところです。


本来の意味としてはサービスエリアは、
人と車が必要としているものを提供出来る休憩施設を言います

例えばトイレや休憩所、
車なら駐車場やガソリンスタンドなど。

しかし、全てのサービスエリアに
そうした施設があるかどうかは

利用状況に応じレストラン設置や
ガソリンスタンドの有無などを決める様です。


対してパーキングエリアですが、

ドライバーの疲れや緊張を取るためのサービス
提供する休憩施設を言い、トイレは全てに設置があります。

売店やガソリンスタンドに至っては、
やはり利用状況に応じて設置有無が決る様です。

 Sponsored Links

サービスエリアとパーキングエリアを設置する間隔も違う!?

サービスエリアとパーキングエリアは、
高速道路を安心・安全に利用するために必要な施設です。

そのため、設置する間隔って
とても重要ポイントになります。


その間隔の距離ですが、
パーキングエリアではおよそ15km間隔に1ヶ所、

サービスエリアで約50kmに1ヶ所
設置するという目安があります。

トイレが必ず設置されているパーキングエリアの方が
設置間隔が狭いというのは特に重要ですよね。


しかし路線の状況や特徴、地形など総合して
設置を決めるのが前提なのでこの間隔はあくまでも目安です。

高速道路を建設する際にもこうした目安を置き、

それぞれの立地状況を考え、
設置するのはどちらか?・・・と決める様です。

また、開通後にそれぞれの施設での
提供サービス内容が変更になったとしても
呼び方が変わる事はありません

道の駅との違いは?

サービスエリアとパーキングエリア、
さらに似通った施設には「道の駅」がありますよね。

地域の特産やグルメが食べられたり土産物があったり、
買い物するためだけに訪れるという方も少なくありません。

道の駅とサービスエリアなどとの違いは、
休憩施設とともに地域振興施設が一体となった点


サービスエリアなどでも似た様な感じに思われますが、

道の駅は休憩施設を重視というよりも、
地域振興施設の意味の方が強く感じられます

一般道以外にも高速道路にもあり、
併設型ともなれば一般道からも入れる所も多いです。

 Sponsored Links