7252b9e088d5e9effa46f28a3d6bab57_s

首元を飾るファッションアイテム、マフラーストール

寒さ対策などにも役立ち、どっちも似た様なもので、
どう違いがあるのかわかりませんね。

素朴な疑問ですが、
今回はこのマフラーとストールの違いについて
ご紹介したいと思います!

 Sponsored Links

マフラーとストールは形に違いがある!?

古くから馴染みの深いマフラーは、
冬の防寒やファッションにかかせないアイテムですが、
首に巻いて使うもので長方形で長いのが特徴

それに対してストールは、
本来、肩にかけるもので正方形で大判です

一辺100cm~150cmほどのサイズが一般的です。

現在では大判のものは三角にして肩掛けにしたり、
男性はマフラーの様に襟巻きとして使われています。


ストールは大判の正方形とはいいましたが、
今ではマフラーの様に長方形のものもあり、
マフラーストールなど呼ばれる物もあります。

なお、ストールは季節に応じた素材が様々あり
オールシーズン使えるところが魅力!

スカーフの様にドレープを活かしたり、
ファッションの差し色にしたりなど万能です。

 Sponsored Links

ではショールとの違いは?

似た様なアイテムは色々ありますが、
さてショールはどうでしょうか?

ショールは簡易的な膝掛けになったり、
冬場も肩からかけたり中には頭から被るものもあります。


ショールはかなり大判で三角にして使ったり、
初めから三角になっているもの、
ポンチョの様なシルエットの様なものもあります。

シルクなどが主流ではありますがリネンやコットンの物もあり
カジュアルに使える物も多く展開されています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

マフラーやストールの収納方法!素材別のポイント!

マフラーやストールの収納ですが、
どちらも織物か?ニットか?素材によって異なります。

織物でシワ加工でないものは、
ハンガーなどに下げておくと取り出しやすく
次に使う時にも探しやすいと思います。

シワ加工や柔らかくドレープしてる場合は、
くるくると丸めてケースなどにまとめておくと
コンパクトに収納が出来ます。

収納するものもカゴであったり、
書類ケースなども活用できますよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。



ニット素材のマフラーは吊るして保管すると
伸びてしまうので畳んでおいた方がよいです

織物素材の物は畳んでハンガーにかけたり、
巻いて置くなど、スペースで使い分けてみてもいいです。

クローゼット用の収納ケースやズボンハンガー、
突っ張り棒など上手に使うと見栄え良く整理整頓できます。

100均などにも便利グッズがあるので、
そうしたものを組み合わせてもいいですね。


また、クリーニングに出して、そのまま袋に入れたままだと
変色したり折り目がそのままになってしまうので注意!

通気性のよい不織布などの保管袋に防虫剤と入れ
衣装ケースなどに保管することをお勧めします。

 Sponsored Links