4b7b247e51afbdfe1998eed1f41729e4_s

外食や料理番組など
色々と目にするソテームニエル

この違いって??

知ってる様で知らない
ソテーとムニエルの違いについてまとめてみました。

お料理初心者さんなどは知っておくとよいですよ♪

 Sponsored Links

ソテーとムニエルの違いは焼き方の違い!?

ソテーもムニエルも焼かれている料理として同じ、
かなり混同されている部分があります。

では、この違いを説明しましょう。


ソテーもムニエルもフランス語、

ソテーはフライパンに油を敷いて
小さめか薄く切られているものが多いです。

いわゆるで焼いた料理をいいます。

1つの素材に対して行われる調理法で、
複数の材料を合わせて炒めるものとは異なります

揚げ焼きについては一緒にする人、
区別する人と分かれる様ですが、
多くは同じとしていることが一般的です。


ムニエルは魚の切り身などに塩コショウをし、
薄く小麦粉をなどの粉をまぶして、
バターで両面を焼いたものを差していいます。

タルタルソースやレモンソースなどのソースを
合わせて出される魚の調理法の1つをいいます。

 Sponsored Links

ポワレとも調理方法に違いがある!?

ポワレはムニエルやソテーと混同される料理法の1つ、
これもフランス語よりきています。

本来は蓋をした深鍋に
少しのフォン(ダシ)を入れて蒸し焼きにする調理法

他に似ているもので以下の様な方法があります。


・ロティ

蓋をせず、浅い鉄板に肉を乗せてオーブンで焼く方法。
※ローストビーフ

・プレゼ

蓋をした深い銅鍋に肉・多めのフォンを
満たしてオーブンで煮込み焼くもの
※ビーフシチュー


また、フライパンに油を引いて表面をカリッとした感じに
焼き上げる事をポワレとしている料理人も多い様です。

日本の家庭料理のポワレのレシピで見かける
小麦粉や片栗粉は一切使わない

一例として魚の切り身に塩コショウをし、
オリーブオイルで皮目があればパリっと表面を焼き、
仕上げにソースを添える料理をポワレといいます。

ピカタやローストとの違いは?

ピカタはイタリア料理の1つで、
薄切りの子牛肉をソテーしてソースをかけていただくもの。

日本では薄切り肉に塩コショウ、小麦粉をまぶして
溶き卵にパルメザンチーズを加えて絡ませて焼く料理、

食材は多岐に渡り肉全般、白身の魚などが合います。


そしてロースト
これはとってもシンプルです!

肉などを炙り焼きにしたり、
蒸し焼きにすることを言い、直訳すると焙煎

オーブンやグリル、ロースター、他にダッチオーブンなどを使い、
旨味を逃がさず丸のまま、固まりのまま焼く

・・・という意味として使われています。

 Sponsored Links