3e03d0457466b342f1849345a20a46a7_s

ボールペンにはおおまかに油性や水性と
種類がありますが、この違いってご存知ですか?

それぞれ特性も異なり、種類も増え購入する時にも悩んでしまう!
という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はボールペンの油性と水性の違い
その特性などについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

ボールペンの油性と水性の違いは?

ボールペンに用いられるインクには、
油性と水性とあります。

その違いはインク自体の素材に違いがあります

油性ボールペンは染料とアルコール系溶剤に、
樹脂と添加剤を加え粘度が高く耐水性があります。


逆に水性には染料に顔料染料2つあります。
そこに水、添加剤で作られています。

粘度が低くサラサラとした感じで、
耐水性については染料によって違いがあります。

顔料の場合はほどよく耐水性がありますが、
染料は水分に弱く滲みます。

書き味にも違いがあり
油性はやや重たく水性は軽いです。

 Sponsored Links

ゲルインクボールペンとの違いは?

ボールペンのインクは様々あります。
今では滑らかな書き心地と耐水で人気の高いゲルインク

発色がよくてカラーも多いので、
多方面で利用されています。

ゲルインクは原料こそ水性に近く、
染料ゲルと顔料ゲルと2種類あります。


リフィル内ではゲル状ですが字を書き始めてボールが動くと
インクの粘度が低くなって書き味がなめらかになります。

染料ゲルにおいては耐水性がやや弱く、
どちらかといえば水性インクに似ています。

顔料ゲルはボールペンインクの中では
もっとも耐久性のあるインクです。

経年劣化にも耐えるので
長期保存をする書類など使用するのに適しています。


油性ボールペンのメリットにちかく、
やや乾きが悪く水性ボールペンより
インクが詰まり安いというデメリットがあります。

大切な書類などでの利用が適しています。



油性と水性のボールペンの見分け方は?

多くはボールペンに付いているシールに書かれていたりしますが、
使用している間に取れてしまったり、
薄くなってしまう事があり分からなくなることもあります。

そこで見分け方ですが、

油性ボールペンは書き出しが硬く、
プラスチックに書いた時にうまくインクがのりません。

書けてもインクをこすると、
のびてしまったり消えたりしないのが油性の特徴です


水性ボールペンはプラスチックに書くとインクのりはしますが、
こするとのびて消えたりし、油性とは異なります

ペットボトルなどにそれぞれ書いてみて
指でこすってみるとよいかもしれませんね。

ゲルインクに関しては先にご紹介した通り!


こうしてインクの違いについてあげてみましたが、
顔料ゲルインクが使い勝手が良さそうですね。

書き味は筆圧や好みがあるので購入前には
試し書きは必ず行った方がおすすめです。

 Sponsored Links