busi_042

お金の運用やお金を借りる際に
出てくる利子利息

意味の違いはご存知ですか?

同じ意味で使われている事が多いのですが、
あまりよく違いが分からない事の多い言葉です。

では、どんな違いがあるのか?
利子と利息の違いについてご紹介します。

 Sponsored Links

利子と利息の意味と違い

利子や利息はお金の貸し借りで出て来ますが、
借りる者あれば貸す者がいます。

それぞれの違いは、

・利子・・・借りた者が支払うもの
 ※ローンの利子を払う

・利息・・・貸した者が受け取るもの
 ※預金の利息を受け取る

つまり、お金を借りる場合の立場によって
意味合いが違うのが一般的の様です。

預金と貯金の違い!


ちなみに銀行預金では利息
ゆうちょ銀行では利子と呼ばれています。

法律用語でも利息が通常使われますが、
税法では、利子所得・利子税と利子を使います

信用金庫と銀行の違いは?

 Sponsored Links

利子や利息と金利や年利の違いや計算の仕方は?

利子や利息の他に金利年利など、
賃借や預金の対価を表す言葉が多くあります。

中でも金利
キャッシングやローンなどで必ずついて回るものです。

金利は利息がいくらになるのか?
計算するのに使うもので「%」表示されます。

もっと噛み砕くと利息はレンタル料で、
そのレンタル料がいくらになるか計算に使うのが金利です


例えば、金利18%とされていた場合、
金利は年率、1年借りた場合の利息の割合です

金利18%で10万円のキャッシングをした際に、
1年後に支払う利息の計算は以下の通りになります。

10万円×18%=18,000円

この場合、18,000円を利息として支払う事になります。


金利には年率以外にも月利日歩などもあり、
名前の通り1ヶ月や1日あたり発生する利息の割合を示しています。

しかしキャッシングやローンなどでは
月利や日歩はでてこない特殊な金利です。


また、1年未満の場合には月で利息計算され、
元金×金利÷365日×借入期間(日数)で計算します。

なお、現在日本では金利の上限があり、

元金10万円・・・年率20%
元金10万以上100万未満・・・18%
元金100万以上・・・15%

大手消費者金融や都市銀行のカードローンは、
その金利よりも低い設定となっていることが多いです。

ただ上記の範囲内であれば設定は自由です



利子や利息にある「実質」の意味とは?

金利のところに実質年率
書かれていることが多いと思います。

実質とは??

例えばキャッシングやローンに申し込みの後、
必ず審査が入りその過程に様々な費用がかかります

もちろん利用者側が負担するもので
諸経費を金利にあらかじめ含める事を法律でも定めています


つまり、実質年率とは
様々な諸経費を含めた金利ということです

そのため、キャッシングやローンの利用時に
ATM利用手数料以外のお金を支払う必要がないということです。

 Sponsored Links