24e3b2940edb0a585f67d13267c7e804_s

レギュラーハイオク

それぞれ車の燃料であるガソリンですが、
この2つの違いってご存知ですか?

ハイオクの方が高い!
ということしか分からない方が多いですよね。


では、素朴な疑問!

レギュラーとハイオクの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

レギュラーとハイオクの違いとは?

レギュラーとハイオク・・・

ハイオクはプレミアムなどとも言われますが、
これら2つのガソリンはどちらも無鉛ガソリンです。

両者の違いはオクタン価という違いです


オクタン価とは、エンジンの中で自己着火のしにくさを指す
ノッキングの起こりにくさを示す数値のこと

このオクタン価が高いほどノッキングが起こりにくいのです。

ちなみにノッキングはエンジンからの
金属製の打撃音や振動を起こす現象などをいいます。


それぞれの数値は、

レギュラー・・・85~92ほど
ハイオク・・・98~100程度

つまりハイオクはオクタン価が「高い=ハイ」
という意味を持っています。

オクタン価が高いほど、
引火点は高く燃えにくいガソリン

そうするとあまりいいオイルではない様に見えますが、
実際は混合気より高く圧縮することができるので
燃焼時のエネルギーが大きくなるメリットがあり、
そのためノッキングが起こりにくくなります。

3ナンバーと5ナンバーの違いや見分け方!

 Sponsored Links

レギュラーとハイオクを使い分けると変わる?

レギュラーとハイオク、
ではどんな車にも入れられるのか?

どちらもガソリンに変わりはないので、
せっかくなら馬力の少ない車だから、
ハイオクを入れたら少しでもよくなるんじゃないか?

・・・なんて思うものですね。


自動車にはレギュラー車とハイオク車とあり、
レギュラー車にはレギュラーを入れるもの。

こちらにハイオクを入れても馬力や燃費向上はしませんが、
エンジン内部を清掃することができます

ハイオクはより高性能でエンジン洗浄剤が
含まれているため、この様なメリットがあります。


ではレギュラー車のエンジン内部は
レギュラーオイルで汚れるのでは?

・・・という疑問もあると思いますが、
レギュラー仕様で作られているのでそうした事もなく、
そしてハイオクを入れて故障する心配もありません

ただ、ハイオク車がレギュラーを入れた場合は
燃費悪化や輸入車などでは最悪故障を起こします

サービスエリアとパーキングエリアの違い!

ハイオクからレギュラーに変えることは可能なの?

ハイオク車にレギュラーを入れてしまう方がいらっしゃいます。

もちろん走る事は走りますが、
故障やエンジン自体の傷みの原因に繋がります


ただ、価格自体がまだレギュラーの方が安いため、
分かっていても入れてしまう事もしばしば。

しかし、ハイオクに戻そうとする場合!

特に何か必要な事はなく、レギュラーが少ない状態で
ハイオクを入れればハイオクの純度を高める事が出来ます。

 Sponsored Links