64a10073b381d7d915d058ea98c8feaa_s

ネズミを表現する言葉に、
ラットマウスとがあります。

なんとなくラットは実験に
使われてる印象がありますよね。

この違いとは一体なんなのでしょうか?

今回はラットとマウスの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

ラットとマウスの違いは大きさ!?

ラットとマウスはどちらもネズミで、
そのネズミの一部に差して使われる言葉の違いの様です。

マウス(mouse)はハツカネズミなどの
小型のネズミなどを指して言います。

ラット(rat)はクマネズミ属など
比較的大きめのネズミに対して使われてます。


ラットはハツカネズミの飼育中の変種であり、
マウス同様に医学や生物学などで実験生物として用いられてます。

特にアルビノ(目が赤いもの)が用いられています。

その理由はラットやマウスは人の遺伝情報である
ゲノムが似てたり遺伝子の数がほぼ同じことから!

疾患やほ乳類の進化などを解くカギとして期待されています。

 Sponsored Links

ラットとマウス、モルモットでは実験にも違いがある?

ラットやマウスと並ぶ
実験に使われるネズミにモルモットがいます。

移動動物園などでふれ合える機会の多い
ラットやマウスに比べると大きいネズミです

学術上はネズミ目ヤマアラシ亜目テンジクネズミ上科。

温和な性格で家庭飼育されることも多く、
私自身も小学生の頃、家で飼っていました。


ラットやマウスと比較すると
それぞれ実験で使われる内容が異なります

ラットはマウスと比較すると大きいので
薬効薬理試験に主に使われています。

他にも外科的処置が必要な実験にも使われます


その反面、モルモットはアレルギーに敏感なので
アレルギー実験に使われています。

またモルモットは麻酔が難しいため
外科処置が必要な実験には向かない様です

さらに繁殖効率がよくなくマウスやラットと比べると
妊娠期間が長く、生む子供の数も少ないです

そうした事からマウスやラットの様な
受精卵移植や遺伝子組み換えなどの実験にも
あまり使われる事がありません。

実験に使われるスナネズミとの違いは?

実験に使われるネズミには、
ラット、マウスに続いてスナネズミがいます。

スナネズミは医療や科学実験に用いられる事が多く、

てんかんや脳の老化(老化現象)、
アルツハイマーや痴呆の研究。

他にも悪性腫瘍やガン腫瘍など
腫瘍研究もに使われています。


見た目にも愛らしく、人にも慣れるので
ハムスターよりもラットやマウス、スナネズミの方が
ずっと飼いやすいので実験に使われます。

 Sponsored Links