8e6bbf60ebc1d8f71db8092aceb5302f_s

女性の靴には「パンプス」「ハイヒール」
ありますがこの違いって??

今さら聞けず、踵があるものを何でも
ハイヒールと言ってる方が割と多かったりします。


今日の違いはパンプスとハイヒールについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

パンプスとハイヒールの違いは7センチの高さ!?

男性は元より、女性でもその違いが
わからないという方は少なくありません。

ハイヒールはなんとなくわかるけど、
パンプスって一体どんな靴を言うの?

・・・という方も多いと思います。


パンプスは足の甲の部分が大きく開き、
つま先やかかとは覆われている靴を指していいます

ハイヒールは、ヒールの高さ(長さ)形状を表す言葉で、
一般的に7cm以上のものをハイヒールといいます

それ以下のものには、

・フラットヒール
・ローヒール
・ミドルヒール
・ウェッジヒール

などといったものがあります。


つまり、パンプスとハイヒールは別物ではなく、
靴の形状がそうした特徴を持つ靴を総称してパンプス

その中でも7㎝以上のヒールがあるものに対して
ハイヒールがあるといった感じです。

女性の多くはその7cm以下のものを
パンプスといっているのでそれも誤りではありません。

ただ、7cmを超えたものはパンプスではない!
・・・といった高さの境界線はあります。

 Sponsored Links

ミュールもパンプスやハイヒールと同じ種類?違いは??

パンプス、ハイヒールと並ぶのが「ミュール」ですね。

ミュールはつま先は覆われていて、
踵があいている靴の形状をいいます

とはいえ、近年ではつま先が開いた
オープントゥミュールなどもあるので、
つま先が開いているかどうかは基本に含まれません。



日本では2000年頃から広まり、
パンプスとの違いは踵の部分が大きく開いたデザインです

足全体を覆っていない夏場に履いたり、
室内などで履く事が多いのですが、

ストラップが付いていない物はオフィスなどでは
ドレスコードでNGとしている事も少なくありません。


ヒールが高いものから低い物までと多く、
デザインも華やかなものが多いので女性に好まれますが、

靴幅が狭くパンプスやヒールと並び
外反母趾になりやすいといった報告もある様です。

ではミュールとサンダルの違いは?

前でお話したミュールと混同されがちなのが
「サンダル」ではないでしょうか?

ヒールが高い物もあるのでハイヒールなどとも混同されますが、

サンダルは足を覆う部分が少ない事から、
ミュールと混同される事が多いのです。


サンダルは基本はつま先が覆われていない
主に夏やリゾート用に作られた物

古来ギリシャなどで熱い地面から
足の裏を守るために作られた物と言われています。

型こそミュールとサンダルは非常に似ていますが、

本来はサンダルにはストラップやベルトが付いていて、
ミュールよりも歩きやすさがあります。


広くみればミュールはサンダルの仲間!

・・・という区別もされている様なので、
型が似ていて混同される理由も解らないでも無いですね。

 Sponsored Links