1515ec41ca0811356ed047eeaabe7e78_s

スティック状のお菓子といえば
ロングセラーのポッキープリッツ

今では11月11日はポッキー&プリッツの日として
イベントも行われていたりします。

そこで今回は素朴な疑問、
ポッキーとプリッツの違いについてご紹介します。

 Sponsored Links

ポッキーとプリッツの違い!カロリーが高いのはどっち?

ポッキーとプリッツの違いは
コーティングの違いがあります。

ポッキーは主にチョコレートをコーティングし、
様々なフレーバーなどが楽しめます。


一方のプリッツはコーティングこそしておらず、
シンプルな物はほのかにバター風味であったり、
フレーバーによって人気を博したのがトマトプリッツ。

以来、ご当地ものなど
様々なフレーバーで楽しめる様になりました。


どちらも江崎グリコが販売しているスナック菓子であり、
歴史はプリッツの方が古いです

プリッツにチョコレートをコーティングし、
販売したものがポッキーですが、
テスト販売時にはチョコテックという名だった様です。

ポキっとおれる擬音から現在の名に商標されました。


ちなみにカロリーは?と言うと
・ポッキー(1箱) 約318kcal
・プリッツ(1箱) 約356kcal

チョコがかかってないプリッツの方が、
カロリーが高いのはちょっと意外ですよね。

 Sponsored Links

プリッツに表記されているプレッツェルとのは?

プリッツの箱に表記されるプレッツェル
プレッツェルはプーランジェリなどドイツ発祥の菓子です。

パンの様に焼き上げるものと、
菓子の様に固いものと2種類あります。

残念ながらグリコのプリッツとプレッツェルは
見た目も全く異なるものですがプレッツェル菓子と分類されてます

グリコ以外にもロッテなど他のメーカーでも
同じ様なスナック菓子にはこの表示が付いています。


本来のプレッツェルは岩塩の粒をまぶすなど定義はある様ですが、
明確に分けるのはいろいろとあり難しいです。

プリッツの箱に表記されてるのは実際に棒状のプレッツエルが
ドイツにも存在することからマネした様です。

プレッツェルとグリッシーニとの違いは?

ポッキーとプリッツと形状の似てるプレッツェルに、
更に似たものにグリッシーニがあります。

グリッシーニの発祥はイタリア北西部のトリノ。

細長くこちらはスティック状の食事パンに分類され、
ナポレオンも好んで食べたものだそうです。

グリッシーニもプレッツェルの固い種類は、
水分を少なくし細長くして焼き上げるパンで
長期保存ができるという共通点があります

グリッシーニは日本で主にプロシュート(生ハム)を巻き付け
ワインのお供にするといった食べ方が一般的です。

プレッツェルの固いものは、
主にスナック菓子として出回っている事が多いです。

 Sponsored Links