869e265cc15840a85f88a9ed48631e23_s

お米を使った料理で似てるもの・・・
ピラフチャーハンの違いってご存知でしょうか?

冷凍も出回っていて、それほど違いがないのでは?
と思われるかもしれませんが実は違いのある料理なのです!


今回はピラフとチャーハンの違いについてお伝えします。

 Sponsored Links

ピラフとチャーハンの違い!定義も調理方法も違う!?

ピラフとチャーハンの違いには、
歴然と違いがあります。

それは「調理法」


ピラフは本来、炊いていない米を炒め、
その後スープを注いで炊き上げる料理です。

対するチャーハン炊いたご飯を
卵などと一緒に油で炒める料理です。

その為どちらかと言えば、
ピラフはふんわりとした口当たりでありしっとりとしています。

チャーハンは味の要でもある
パラっとした仕上がりの違いがあります。


どちらもインドの「プラーカ」という料理が元で、
トルコを経由し「ピラウ」フランスで「ピラフ」となります。

中国に渡ったものはチャーハンの原型となり、
中国は炊いたご飯を炒めて作り、
台湾ではピラフの工程と同様である様です。

つまり親戚みたいな関係ということです。

 Sponsored Links

焼き飯もピラフやチャーハンと違うもの?

焼き飯は主にチャーハンと同じ様な位置に
いる様な感じを受けますが、実際には違うものです。

焼き飯は中国から日本に伝わったチャーハンが原型ですが、
ここには「作り方」に違いがある様です。


チャーハンは温めた油に
先に卵を入れてからご飯を炒めます。

焼き飯は、ご飯から炒めて、
卵を後から入れることをいいます。

焼き飯は粉もの文化で有名な関西が根付かせた料理と
言われている様で、鉄板で料理をすることが盛んです。

例を上げると広島風お好み焼きは
最後に卵を薄く焼き広げたものを乗せます。

材料に火を通し切ってから卵を合わせる
という工程がそうさせたそうです。

パエリアやリゾットとも違いはあるの?

スペイン料理を代表する料理「パエリア」は、

西暦9世紀以降バレンシアのイスラム教徒の間で
食べられて来た料理の1つで起源はアラブとされています。

日本でいうパエリアは魚介類などのイメージが強いですが、

本来はウサギや鶏、エスカルゴ、インゲン豆や
パプリカといった山から摂れるものが主な具材です。



パエリアはややパスタに似ております。

米を使いますが蓋はせず、具がその変わりをし、
わずかに米に芯を残し、鍋底におこげが出来る様に炊く料理です。

お米の変わりに極細のパスタを使った「フィデウア」
もしくはフィデオスと呼ばれている料理もあります。

また、パエリアが元により後に
イタリアで「リゾット」が出来たと言われています。


いかがでしたでしょうか?

ピラフやチャーハンに、こんな違いがあるり解らなくなってしまうのは、
便利になった食生活の産物なのではないかとも思います。

 Sponsored Links