363db6618688e6d0027260b8bbcede1c_s

マジックには油性水性があり、
使う用途によって分ける必要があります。

そもそも油性と水性のマジックの
違いというのはどういった点なのでしょうか?

油性マジックと水性マジックの違い
メリットやデメリットなど合わせてご紹介します!

 Sponsored Links

油性マジックと水性マジックの成分の違いと特徴

油性マジックと水性マジック。

ボールペンなども同様に油性、水性とありますが、
ペンに違いがあればその特徴も違いがあります。

油性と水性のマジックの違いは
使用している成分が基本的に異なります

油性の主な成分は揮発性有機溶剤+着色剤
水性は水(溶剤)+着色剤で出来ています。

また油性はアルコールを溶剤として使用してるものもあります


そのため油性マジックにおいては乾きが早く、
どんなものにも書く事ができ消えにくい特徴です。

しかし、塗装面や塩ビなどの場合は
表面を溶かしてしまう時があります。

水性は油性に比べてしまうと
乾きが遅いのですが滲んだり裏映りが少なく、
書いた面を溶かしてしまう事がありません

臭いなども油性の方がキツく水性には少ない
といった違いもあります。

ボールペンの油性・水性・ゲルインクの違いと特徴

 Sponsored Links

油性マジックと水性マジックの見分け方は?

油性マジックと水性マジックの見分け方

ほとんどはペンに書かれていますが、
万が一、分からない場合にはどうしたらよいのか?

そうした場合の見分け方に
プラスチックに書いてみる方法があります

不要なペットボトルを使って、
文字を書いてみると特徴的な違いが見えます。


油性

プラスチックに書いてもインクのりがよく
書いた後も速乾性があるので手に付くことがありません。

水性

プラスチックに書くと弾かれて乾いても
インクが剥がれやすく耐水性が弱いので落ちる事がほとんど。

しかし、水性であっても染料に
顔料を使用している場合は耐水性があります。


油性や水性のマジックには
それぞれ着色剤に染料顔料とあります。

その違いは染料は
溶剤に溶けるが、顔料は溶剤に溶けない

水性マジックの着色剤に顔料が使用してる場合は
乾きこそ遅いものの油性と同様色落ちしにくいため

油性と間違えがちですが、
水性顔料マジックには独特のシンナー臭がありません

油性マジックと水性マジックの使い分け方は?

マジックにも種類が多く、
一体どんな用途で使い分ければよいのか?

・・・と迷うほど種類が豊富です。

さらに染料なのか?顔料なのか?で
その用途も違いが出て来ます。


・油性染料マジック
ガラス・プラスチック・布・皮・木材・金属
※一部プラスチックは表面が溶ける恐れあり

・油性顔料マジック

・油性アルコール系顔料インク
ホワイトボード

・水性染料マジック

・水性顔料インク
紙・プラスチック・ガラス・金属

 Sponsored Links