169630

日本には贈り物を贈る習慣に、
お中元お歳暮があります。

古くからの慣しではありますが、
この違いとはなんでしょう?

また、両方ともに贈る必要はあるのか?
今回はお中元とお歳暮の違いをご紹介します。

 Sponsored Links

お中元とお歳暮を贈る意味や由来は?

お中元は夏の真っ盛りの時期に、

日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちと、
健康を願うとともに季節の御挨拶として贈る風習です。

お歳暮においても実際にはお中元と意味は同じで、
一年の最後を締めくくり次の年もよろしく、

・・・といった意味合いが強いものです。


お中元の由来は、道教に由来した年中行事で三元の1つ、

・旧暦の1月15日→上元
・旧暦の7月15日→中元
・旧暦の10月15日→下元


夏のお中元はこの『中元』になり、

この日は先祖の霊を供養する
『盂蘭盆会(うらぼんえ)』を行う日としています。

日本では、「盂蘭盆会=お盆」としており、
さらに目上の方やお世話になった方へ
贈り物をしたのが由来といわれています。


対するお歳暮の由来ですが、

江戸時代の商売の基本が掛け売りであり、
『盆と暮れ』に半年分の支払いをする事となっていました。

この支払いをする際に、
日頃のお礼として贈り物を持参したもの

暮れの商いの習慣と歳神様への供物を配る時期が重なり、
年の暮れの贈り物として現在に伝わったとされています。

 Sponsored Links

お中元とお歳暮はどちらかはダメ?お返しやお礼状などのマナーは?

結婚されてご主人の上司に
お中元とお歳暮、両方とも贈るものなのか?

・・・悩む事があります。

結論から言うと、お中元とお歳暮はセットではなく、
実際には両方とも贈らなくてもよいもの

マナー違反でもありません。


実際に贈らなかったら昇格に響くといったことはなく、

最近の企業では上司と部下での物の贈り合いなど
会社でお断りが入っている事も少なくありません。

贈る際にも高額にする必要もないです

一年の御挨拶という意味で、
お中元は控えめにしてお歳暮だけ少し奮発して贈る

というやり方でもなにも問題はありません。


片方だけでもよいですが贈るなら
一年の締めくくりでお歳暮の方がよいでしょう。

万が一、お中元やお歳暮を頂いた場合は
お返しをする必要はありません。

しかし、お礼はしないと常識ない人と見られてしまうので、

頂いたらすぐにでもお礼状を出して、
感謝の言葉を伝える必要はあります。

お中元やお歳暮の断り方は?喪中の時は贈ってもいいの?

お中元やお歳暮を喪中の時に頂いてしまった!
相手は事情知らずに贈って来てしまった事がほとんどです。

また、贈る事は祭事ではなく、
日頃の感謝のお礼ですので喪中でも問題ありません


ただ、不幸があった最中で四十九日中であれば、
過ぎてからお中元なら暑中見舞いとして送ります。

お歳暮の時期ならば寒中見舞いで送り、
その際には無地ののしを使用しましょう。

なお、頂いてしまった場合のお礼状
残暑見舞いや寒中見舞いで贈ります。


お中元やお歳暮をいただくのをお断りする際ですが、
いただいた後、次回の季節の挨拶は辞退する

・・・という意味合いでお礼状の後半に、

「季節の御挨拶のお心遣いなど
 なさいませんよう、お願い申し上げます」

と添えてください。

 Sponsored Links