31f1af5108ddecd3b84102970c263707_s

薬味や刺身などに添えられる大葉青じそ

スーパーなどでもどちらの名前でも並んでいて、
何か違いでもあるのかわからなくなります。

一体違いはあるのか!?

大葉と青じその違いについて調べてみました!

 Sponsored Links

大葉と青じその違いは大きさ?

大葉や青じそ見た目も味も香りも
そっくりなのに何が違うのか?

なんとなく同じ類なんだろうな・・・
とは察している方も多いと思います。

大葉も青じそもお察しの通り同じもので、
本来、大葉や青じそという品種はなく、
シソ科シソ属の葉としています


なぜそうした名前に転じたのかは定かではありませんが、
古く大葉を販売するにあたって、

花穂(穂じそ)と葉を分ける為に葉の部分を、
青じそについた大きな葉と呼ぶ様になったといいます。


青じそという名前は、

相対して梅干しを漬ける際に使われる
赤じそがあったため色の区別として付けられた様です。

 Sponsored Links

地域によって大葉や青じそと呼び方が違う!?

しそを大葉や青じそと、それぞれ呼び方が異なるのには
地域によって違いもある様です。

シソと呼ぶ地域は混在している地域も含めて29都道府県で、
大葉と呼ぶ地域は22府県の様です。

大まかに分けると関東と関西で呼び方が異なる様で、
関東ではしそ(青じそ)、関西では大葉という様です


地域によって同じものなのに、
呼び方が異なるものはたくさんありますよね。

そもそも、しその標準の大きさというのも
定義があるわけではないです。

しそを育てた事がある方なら分かると思います。


全体的に同じくらいの大きさのしそに対して、
気がついたら大きく育った葉がちらほら・・・

それが大葉だと認識する程度で、
スーパーに並んでいるしそに関しては、
私が知ってる限りではそれほど大きさも変わらない気がします。

自分で育てたしそに関しては稀に手の平いっぱいの
大きなものが育つ事も少なくありません。

大葉と青じその栄養や効能は?

しそは、βカロテンがとても豊富です。

免疫力を高め抗酸化作用により
老化防止やガン予防など期待が出来る栄養素です。

また、しそに含まれるロズマリン酸という
ポリフェノールの一種が免疫機能の正常化や
アレルギー症状を緩和させると知られてます。

最近では花粉症などの
アレルギー症状に効果があると注目されています


漢方薬にもなっていて、
主に赤しそは蘇陽(そよう)紫蘇葉(しそよう)と言われ、

気が停滞している状態を改善したり精神安定、
いわゆるメンタルの薬として用いられています。



他にもお刺身のつまに葉だけではなく、
花穂が添えられ得ている事があります。

お箸でこそげ落として醤油に落とし、
お刺身と食べるとふんわりとしその風味がつき、

実の場合にはプチっと弾けフレッシュなシソの香りが
鼻を抜けてゆくのはとても爽やかでよいものです。

 Sponsored Links