4b31f83de077bcd06b13959da4de391e_s

お店や人によって言い方や表記が異なる
おにぎりおむすび

結局どちらもご飯を丸めたものですが、
この違いって一体なに!?と思った事はないですか?

素朴な疑問を一挙解決!

今日はおにぎりとおむすびの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

おにぎりとおむすびの違いとは?

おにぎりとおむすび・・・
どちらについてもおいしいご飯の食べ方です。

今では海苔で具材を挟んだおにぎらず
なんてものも流行っていますよね。

さて、おにぎりとおむすびの違いですが、
これには諸説あり、どれが正解というものが明確ではありません。


一説によれば日本の多くは「おにぎり」と呼ぶけれど、
関東から東海道にわたっては「おむすび」と呼んでいたそう・・・

しかし、東京神奈川ではおにぎりと呼ぶ事もあるといいます。

また、有力なのは山の神の力を授かるために、
山の形に握られたのをおむすび

おにぎり握り飯が転じたものだとされています。


思えば日本昔話などでも山仕事をするおじいさんが
おむすびを食べている姿が出て来る場面などがありますよね!

そう考えると山には神がいるとされている事から
この話が自然な感じも見受けられます。

 Sponsored Links

にぎりめしとの違いもある!?

先にも少し触れましたが、にぎりめし(握り飯)
おにぎり、おむすびとの違いはどうでしょうか?

まず、おにぎりとおむすびの歴史はおにぎりの方が古く
弥生時代には存在していたとされており、
お米の塊が遺跡から発掘されています。


おにぎりという言葉は、
もち米と蒸した強飯(こわいい)を握ったもの

いわゆるにぎりめしということで、
おにぎりやおむすびの原型であるといいます。

これが時の流れで呼び方が変わり、
おむすびの説の1つで江戸時代に位の高い女性が
丁寧に言い換えた言葉ともされています

女房言葉であったおにぎりを言い換えたのがルーツでは?
・・・とも言われています。

新米と古米の違いや見分け方!

おにぎりとおむすびは形でも違いがある!?

おにぎりやおむすびを
形の違いとしている説もあります。

  • おにぎり=形は問わない
  • おむすび=三角
  • おにぎり=三角
  • おむすび=俵型

・・・などと様々。


ここで出てきた俵型

思えば仕出し弁当などのご飯が、
俵型に握られているものなどがありますよね?

俵型は主に長野県あたりから西に多くみられる様で、
これによって東西の違いがあるという話もあります。

千葉県の一部では大きく握った物はおむすびで、
小さく握った物はおにぎりと呼ぶなど・・・

実際にはその説はまだまだたくさんあるのです。


ハワイなどでは「MUSUBI」と言います。

これは「結ぶ」という言葉の意味が縁起がよく、
さらにおむすびと呼ぶ出身者が多かったからでは?

・・・と推測されています。

日本おにぎり協会では形や呼び方にとらわれず、
おにぎりを通じて繋がりの創出を目指している!

ということなので、
こだわらずに楽しめる事を提案しています。

 Sponsored Links