3771031afa79018fcf49b5974de7b4ef_s

夏になると耳にする日射病熱射病熱中症
猛暑の時期には死者が出ることもあり注意が必要です。

自身の身・家族を守るにはその違いを知り、
きちんとした対処法を知る事も大切です。


今回は夏の危険!
日射病・熱射病・熱中症の違いや対処法の違いについてご紹介します。

 Sponsored Links

日射病・熱射病・熱中症は起こる原因が違う!?

日射病・熱射病・熱中症などと耳にしますが、

実際には全体をひとくくりに『熱中症』と言い、
そこから度合いによって病状が変わって来ます。


「熱中症」については屋内外問わず、
高温多湿が原因で引き起こします。

対する「日射病」は炎天下で激しい運動や労働をした際に
大量の汗を発汗し身体の水分が不足することで

心臓へ戻る血液量が減少、心臓の空打ちと脱水症状で、
熱中症で言うところの熱失神に含まれます。


熱中症はその度合いで、
熱痙攣や熱失神は従来の分類では熱中症の軽症

日陰で休んだり、水分補給や衣類を緩め
身体を冷やすといった対応が必要です。

熱疲労では熱中症の中等症で医療機関での輸液治療を要し、
熱射病ともなると重症とし救命医療施設での治療を要します。

 Sponsored Links

日射病・熱射病では症状の違いもある!?

日射病や熱中症など似ているので
なかなか判断が付きませんが、
主な症状の違いをご紹介しましょう。

  • 日射病(熱失神)

全身の倦怠感と吐き気やあくび、
続いて頭痛や意識障害などを引き起こす事があります。

最悪の場合には意識不明になり死亡するということも。

  • 熱射病

顔面蒼白と大量の汗をかき、皮膚は冷たくじっとりとします。

体温も平温よりもやや低く
脈が弱く虚脱感とめまい、吐き気をともないます。

無論、最悪な状況にもなると
意識混濁や腎臓機能障害、死に至る事もあります。


いずれもなってしまった際には、

顔が青いときは足を少し高めに、
顔が赤い時には逆に上半身を起こすとよいでしょう


熱中症など日射病や熱射病の予防や対策には?

これらの夏に危険な日射病や熱中症などの予防や対策は、

日常的にきちんとした睡眠をとり、
しっかりと食事を摂るといったこともあります。


まず、第一に陽射しの強い場所に行く際には
帽子をかぶったり、日傘を使うといったこともポイント

さらに脱水症状を起こさない様に、汗をかく場合には
スポーツ飲料や熱中症対策飲料の適度な補給を行いましょう。

お出かけの際には適度に日陰や建物の中に入るなどして
休息を取る事も大切です。

うちわなど涼しい風を送るものなども
使うか使わないかでかなり涼の取り方が変わります。


夏場は出かけて
涼しい所で休んでいると頭が痛い!

・・・なんてことがあると思いますが、
それは既に熱中症の症状の1つです。

もっともポピュラーに出てくる症状ですので、
そうした時には意識的にミネラル分の補給などをして、
充分な休憩を取ってから活動しましょう。

 Sponsored Links