d2a73480f65131b6a67d8cd223408fed_s

寒くなってくるとコンビニで買ってしまう肉まん、
豚まんとも呼ばれていますよね。

お店によってはどちらも並んでいる・・・
なんてこともあるのですが実際何が違うのか?
疑問に思われた事はないですか?

今回は、肉まんと豚まんの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

肉まんと豚まんの違いとは?

冬時期にもなるとコンビニのレジの横には
専用機械が置かれ蒸されている肉まん

他にもあんまんやカレーまん、ピザまんといった
お馴染みのものや期間限定のものなど様々が並び始めて
つい1つと買ってしまう事も少なくないですよね。


肉まんと豚まんの違いについて調べた所、
一説では東西の違いである様です

豚まんは関西圏で呼ばれるもので、

「肉=牛肉」という食文化の違いの様で、
豚肉を使っている肉まんは豚まんと言われます。

全てかは分からないけれど、
カレーや肉じゃがの肉も牛肉を使ってる家庭も多く、

大阪のお土産の551蓬莱
肉まんではなく豚まんと呼んでいます。


お店で2つ並んでいる場合の違いには、

豚まんには肉の質感をより感じる様に粗めに挽いた豚肉を使い、
やや値段設定を高めにして違いを出している様です

実質的には同じ物?・・・と思います。

 Sponsored Links

では中華まんとの違いとその由来は?

肉まんを中華まんと呼ぶこともありますよね。

調べてみるとあんまんや肉まんなど
一緒に蒸されているあの白い饅頭は
全てを総称して中華まんという様です


その由来は中国の饅頭包子(パオズ)からきてます。

起源は中国で、三国志時代には
諸葛亮孔明が作らせてたそうです。

日本では様々な説あるので明確ではないですが
1927年に中村屋で「天下一品 支那饅頭」を発売したのが始まり。

創業者夫妻が中国へ視察旅行へ行った時に食べた
包子を元に日本人向きに改良して販売した様です。

包子(パオズ)や小龍包などの違いは?

日本の中華まんの起源とされている
包子は中国の点心料理の1つです

中に具があるものを包子
ないものには饅頭(マントウ)と言います。

作り方は生地に小麦粉と水を発酵させて、
酵母を加え中に具材を包み込んで蒸し上げるものです。


その小さなものに小龍包があります。

現在ではより中華らしく
本格的なものもあるため大きな違いもありません。

 Sponsored Links