082244

TVでニュースや天気予報で、
「猛暑」「真夏日」などと耳にすると思います。

どちらも暑いって意味で間違いはありませんが、
実際、どんな違いや定義があるのかご存知ですか?


なんとなく会話に出て来ることもありますが、
違いを知らないとちょっと恥ずかしい事になるかも!?

今回は、猛暑と真夏日の違いなどについてご紹介します。

 Sponsored Links

猛暑と真夏日の定義の違いは温度!?何度から?熱帯夜は?

TVで耳にする夏の気温を言葉にしたものには、
夏日、真夏日、猛暑日などがあります。

この違いは日中の最高気温の違いであり、
5度刻みで気温が上がるたびに変わって行きます。

  • 夏日  日中最高気温25度以上の日
  • 真夏日 日中最高気温30度以上の日
  • 猛暑日 日中最高気温が35度以上の日



さらに「熱帯夜」という言葉がありますが、

夕方から翌朝までの最低気温
25度以上になる夜間のことを差していいます。

最低気温が25度を越えた夜は、
蒸し暑く寝苦しい夜で寝不足になる方も増え、
それにより体調を崩しやすくなります。

日射病や熱射病・熱中症の症状など違いは?

 Sponsored Links

猛暑や真夏日の他にある酷暑日とは?猛暑日ができた理由

猛暑の他に「酷暑日」という言葉を耳にしたことはないですか?
実際には猛暑日と同じ意味を持ちます。

気象庁が猛暑日という新たな気象用語を公式に使う以前、
マスコミでは酷暑日を使用していました。

その為、酷暑日においては俗名であり、
正式には”猛暑日”を使う事が正式です


気象庁で猛暑日という気象用語を作った背景には、

最高気温35度以上の日がなかったことで用語がなかったこと、
夏は30度を越えるのは当然であったこと、

そしてマスコミが酷暑日を使用することから!・・・とのこと。

温暖化により古くの30度以上は当たり前という考えが、
35度を越えることも当然になってきました。


昔は南の地域である沖縄や九州南部が
最も暑い地域であるとされていましたが、

それ以上に局地的に南の地域よりも
高い気温を記録される様になったことも
近年では当たり前になってきてしまいました。

そうしたことから2007年に
気象庁が「猛暑日」という言葉を発表した訳です。


なお、最近は気温40度を越える事もありますが、
現在はまだこの気温に関しては猛暑日と扱われています。

今後40度以上が”当たり前”となってしまえば、
新たな用語改正が出て来るかもしれませんね。

サーキュレーターと扇風機の違い!

冷夏とは猛暑や真夏日と逆の意味?何度から冷夏なの?

35度越え、稀に40度以上の猛暑日が当たり前の
近年ですが、逆に「冷夏」という言葉もあります。

冷夏とはこの言葉の通りで、
暑くなる6月~8月の気温が通年よりも低く
農作物に大きく影響を及ぼします。

ラニャーニャやエルニーニョ現象の
影響などともされていますが一概ではなく、
これらの現象が起きた年でも猛暑日の年もあります


冷夏の基準は地域の平均温度の
平年差により決まります。

  • 北日本 -0.6度以下
  • 東日本 -0..5度以下
  • 西日本 -0.2度以下
  • 南西諸島 -0.3度以下

と気象庁では基準を設けています。

 Sponsored Links