b2666fe62d3213b4339e79dc37248116_s

ひんやりと美味しいスイーツに
ムースババロアがあります。

どちらも口どけよく美味しいのですが、
違いがあまりはっきりわかりません。


ムースとババロアの違いとは?
根本的な違いについてご紹介します。

 Sponsored Links

ムースとババロアの違いは?生まれた国も違う!

ムースもババロアもゼリーとは異なり舌触りが
ふんわりとしたスイーツで生クリームが入ることで、
濃厚な味も楽しめるスイーツですよね。

フルーツとの相性もよく、
一緒に冷やし固めることが多いですがその違いとは?

まずの違いがある様です


ムース(mousse)とは「泡」という意味で、
髪に付ける整髪料などでもいいますよね。

語源がラテン語「mulsa(蜂蜜水)」で、
生クリームや卵白をふんわり泡立て軽い口どけのスイーツです。



そしてババロアはドイツのヴィッテル・バッハ王国につかえた
フランス人シェフによって作られたといいます。

卵や牛乳、砂糖をベースにゼラチンで固めた
スイーツとしていて現在もこの製法はババロアと認識。

ムースは果物やチョコレートといった風味を合わせ、
卵白や生クリームを泡立て卵黄やゼラチンによって繋ぎ
冷やし仕上げたものをさしている様です。

 Sponsored Links

パンナコッタも似てるけど結構違うもの!?

同じ様なスイーツは他にもまだありますね!
例えばパンナコッタ

これもまた、まったりしていて
プルンとした食感が美味しいスイーツです。

ムースとババロアとの違いは卵を使っていない点。

それと生クリームこそ入っていますが
泡立てない点に違いがあります。



パンナコッタはイタリアのスイーツ。

泡立ててない生クリームと好みで牛乳やエバミルクを使い
バニラで甘い香りをつけてゼラチンで固めます

パンナコッタの意味は
「生クリームで煮たもの」という意味

”パンナ=生クリーム”
”コッタ=煮た”というイタリア語です。

ではパンナコッタとプリンの違いは?

パンナコッタとプリンの大きな違いは
を使っているかどうかです

プリンは卵の凝固作用を上手く使った
蒸し焼きの作り方が本来の作り方で、
牛乳と卵の優しい味が特徴的です。

生クリームを入れて贅沢で濃厚な味に仕上げたり、
現在ではゼラチンで冷やし固める作り方もあり、
それらもプリンと言われている傾向もあります。



他に違いがあるといえば、
食べる際にかけるソースの違いでしょうか?

パンナコッタはフルーツのソースや
チョコレートソースなどをかけて出て来ますが、

プリンは砂糖と水で香ばしく焦がし作る
カラメルソースで食べる点で違いがあります。


牛乳プリンなどプリンに見立てたものもあり
見るからにパンナコッタや牛乳寒天に似ている物がありますが、

これらは本来のプリンとは別物であり、
消費者ニーズや日常に溶け込むプリンの存在に幅を持たせた
いわゆる進化したスイーツという分類です

 Sponsored Links