edb1312038080bc716729e98a033ea13_s

春になると一斉に咲き出し
華やかな印象をもつモクレンコブシ

この2つの違いってご存知ですか?
そう言われると分からないこと結構ありますよね。


今回はこのモクレンとコブシの違いについて
その見分け方などをご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

モクレンとコブシの違いは?

モクレン(木蓮)とコブシ(辛夷)の違い・・・
同じ様な時期に咲いてどっちか分からない!

似た様な植物は案外たくさんあったりしますよね。

どちらもモクレン目モクレン科モクレン属なので
見た目がそっくりなのはそのため。


モクレンは原産地が中国雲南省や四川省など中国南西部です。

日本ではそれぞれ分けていますが、
中国ではコブシもモクレンとして含めています

つまりモクレンの仲間にコブシがある!

兄弟だけど違いがある程度に考えると
分かりやすいかもしれませんね。


似ていながらも
花や葉、種の形状で見分ける事ができます

そして開花時期も少し異なり、
モクレンは3月中旬頃。
コブシよりも10日ほど早いそうです。

コブシも同時期から3月下旬に開花を始めます。

 Sponsored Links

モクレンとコブシの見分け方!花で区別できる!?

モクレンとコブシの見分け方
まず花の形に違いがあります


モクレン

花の大きさ・・・約8~10センチ
花びらの数・・・9枚(実際には額)
花びらの厚み・・・厚みがある

コブシ

花の大きさ・・・4~5センチほど
花びらの数・・・6枚
花びらの厚み・・・モクレンよりも薄め




つまり花も大きく額の部分が
幅広く厚みがあるのがモクレン

モクレンよりも額部分が細長く、
花が小さめなのがコブシというわけです。

他にもモクレンの方がが大きく、
コブシの方がモクレンよりも小さく見えます。

樹の質感は大差なくツルッとしていて灰白なので
樹だけを見てもそれほど違いはありません。


モクレンは花の形が蓮の花に似ている事からその名が付き、
コブシは種にこぶしの様な袋菓がつくため、
そこから名前が付いたと言います。

モクレンとコブシでは花の色も違う?ハクモクレンの違いとは?

モクレンにはハクモクレンという近親種があります。

ここでいうモクレンは紫色の事で、
ハクモクレンはまた別になります。

ハクモクレンはモクレン属の中でも大型で、
色こそ違うもののハクレンと似ており、
ただ白い花を咲かせることで違います。




コブシの色も純白ですが、
基部は薄桃色をしています。

花の大きさもハクモクレンとは異なるので
見分けはつきやすいと思います。


モクレン属の花はよい香りを放つ事で、
庭木や街路樹などでも人気のある花です。

この春、モクレンとコブシ、ハクモクレンの違いを
確かめてみてはいかがでしょうか?

 Sponsored Links