201709

スーッとした付け心地のメンソレータムメンタームですが
全く同じものの様に思うのですがどうして読み方が違うのか?

それとも成分に違いがあるのでしょうか?

ちょっと気になる
メンソレータムとメンタームの違いを調べてみました。

 Sponsored Links

メンソレータムとメンタームのリップの違いは?

乾燥した時に唇に塗ったりする
メンソレータムとメンターム。

なんとなく同じでメンタームの方がやや手頃で、
同じ様なものなら安い方が良い!

・・・とそちらを買ったりするくらいで考えてたもの。

普段はそれほど気にしない物ですが、
この2つの違いは「製造販売の違い」でした!


まずメンソレータムですが、

こちらはロート製薬の製品で、
軟膏として利用されている医療向け製品の1つです。

そしてメンタームは近江兄弟社で製造販売しているものです。

かつてはアメリカに本社があるメンソレータム社から
近江兄弟社に製造を委託していた歴史があり、
古くは近江兄弟社でメンソレータムが製造販売していた時代もあります。


近江兄弟社にてメンソレータムの製造販売権が
無くなった後に、設備や製造スキルを生かして
オリジナル製造をしたものが現在のメンタームということです。

 Sponsored Links

メンソレータムとメンタームの成分に違いはあるの?

メンソレータムとメンタームの成分は、

dl-カンフルやl-メントールといった
独特のスッっとした成分は同じです。

成分にもやや違いがあり、
例えば基剤になっているワセリンも違います。

メンソレータムは黄色ワセリンのみで、
メンタームは白色と黄色のワセリンのブレンドです

そのため、メンソレータムの方が、
黄色みが強いのが特徴的です。


他に、メンソレータムはユーカリ油、
サリチル酸メチル、テレピン油、酸化チタンを含み
全て植物由来のオイルから作られています

メンタームは、ユーカリ油、パラフィン、
酸化チタン、パイン油、サリチル酸メチルなど。

どっちのほうがいいの?・・・とも思いますが、

基剤であるワセリンの点で
白色ワセリンの方が不純物が少ないことから
メンタームの方がよいという点があります

ワセリンの精製工程による違いですが、
敏感肌なのであれば不純物は少ないに限ります。

タイガーバームもスースーするけど違いは?

スースーとする軟膏にはもう1つあるタイガーバーム

中国のお土産などでも有名ですが見た目は
ちょっと似てるのに思えば唇には塗らないですよね。

日本ではあの龍角散が輸入販売代理店で、
日本人の皮膚感覚に合わせて少々アレンジを入れているそうです。



メンソレータムやメンタームの効能としては、

乾燥を潤したり擦り傷や切り傷、
軽度の火傷やニキビ薬といった効能を持ちます。

タイガーバームは外用消炎鎮痛剤という薬剤です

メントールや植物由来のオイルを処方していますが、
タイガーバームにはメンソレータムなどには
含まれていない「カンファー」という成分を含んでます。

カンファーには血行促進や鎮痛作用、
消炎作用、鎮痒、などといった効能を持っているので、
肩こりや腰痛、頭痛緩和等に用いられます。

 Sponsored Links