066892

カンパチ、ブリ、ヒラマサ。

全て青魚なのですが魚が好きな方や
釣りをされる方などは、この違いはご存知だと思います。

素人目には見分けがなかなか難しく、
なんとなく違う気がする程度の認識です。


今回は見分けがつきにくい魚
カンパチ、ブリ、ヒラマサの違いについてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

カンパチ、ブリ、ヒラマサの見た目の違いと見分け方は?

カンパチ、ブリ、ヒラマサは見た目がよく似ています。
それもそうです!

この3匹の魚はスズキ目アジ科の魚なので、
見分けが当然付きにくいのも致し方ありません。

特にブリとカンパチは見た目が似ていて、

これらの魚の特徴である
目の横から尾まで黄色のラインが入っています


ヒラマサは見た目にも違いがあり、

カンパチとブリが持つ黄色いラインよりも
太めの黄色のラインが入っています

また、ブリとカンパチの見分け方は、

カンパチの方が顔が丸く身体の色が全体的に黄色っぽく
他の2匹にはない目の上に縦帯模様があります

カンパチとブリ、ヒラマサの刺し身でも見た目は似てる?味の違いは?

お刺身になると尚の事わかりづらいですが、

ブリは血合いが濃く
4~5時間程で色が黒く変色してしまいます。

それに対しヒラマサやカンパチは
ブリより血合いの部分は少ないです。

血合いの色もきちんとした保管方法を行えば
ほぼ変化がないとされています。

ヒラマサの身はブリやカンパチほど脂が少なく、
コリコリとした歯ごたえがあります。

味は?と言えばどれも好みがあるのですが、
3匹共にそれぞれ美味しい魚です。


そうした身の違いがありつつも、
ブリの料理で代表的なブリ大根も、
似ているカンパチのアラで作られる事もあります。

血合いの部分が少ないので、かえってカンパチで
作る方が好きだという方も中にはいたりするのです。

 Sponsored Links

イナダやワラサはブリの仲間!?大きさで違う?

同じ様な青魚にはイナダワラサがあります。

これはブリの成長過程によって呼ばれる名前で、
ブリは出世魚であり大きさによって呼び名が変わります。


この呼び名も地域によって違いがあり、
一般的には・・・

・モジャコ(稚魚)
・ワカシ 35cm~
・イナダ 35~60cm
・ワラサ 60~80cm
・ブリ  80cm~



関西などでは40~60cmはハマチであり、
北陸などでは70~80cmがブリの大きさの目安です

和歌山では70cm未満で一旦ブリと呼ばれながら
80cm未満でオオイオという呼ばれ方をし、
いよいよ80cm以上になってブリと呼ばれるそうです。

今では東日本圏でのお刺身でお馴染みのハマチは、
西日本圏ではポピュラーであることがわかります。


いずれにしても青魚は身体に良い脂を蓄えた
美味しい魚ですので、違いはあれど積極的に食べたいですね!

 Sponsored Links