414808

見ていると癒される海洋動物ジュゴンマナティ

人魚のモデルになったとも言われる
ほ乳類ですが見た目がとっても似ています。

ユーモラスでのんびりした可愛いディティール。

今回はジュゴンとマナティの違いについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

ジュゴンとマナティは生息地に違いが!

ジュゴンとマナティは
どちらも哺乳綱海牛目のほ乳動物ですが、
それぞれジュゴン科・マナティ科と分かれます。

まず、この2頭の違いは生息地!


ジュゴンはインド近海や太平洋南西部、
アラビア半島東部近海やアフリカ東部近海といった
海を中心とした”海水域”に生息しています

そしてマナティはアフリカ大陸や北アメリカ大陸東部、
南アメリカ大陸北部、キューバやジャマイカ、ドミニカなどの

河川や湖、河口や沿岸といった
淡水域汽水域といった場所に生息しているのです


生息している地域の違いと水の質の違い

簡単に言えば海に生息しているか淡水か?
という違いがあると覚えておきましょう。

 Sponsored Links

ジュゴンとマナティの見た目の違いは?

ずんぐりとした見た目が同じなのは
同じ哺乳綱海牛目なので言わば、いとこの様な間柄。

さて、見た目の違いは?

その外見の違いは尾びれの形!


ジュゴンはイルカやクジラと似た三角の尾を持ち、

マナティの尾はうちわの様に丸みをおびた
特徴的な形をしているところです。

また、頭の形がジュゴンと比べると
マナティは頭部の先端がやや下向き、口は平らなのが特徴です。

そしてジュゴンのオスには牙がありマナティには一切なく、
ジュゴンには爪がなく、マナティには爪がある

・・・といった互いに
あるもの・ないものに違いがあります。


・ジュゴン身体の特徴まとめ
尾が三角、オスのみ牙があり、爪がない。

・マナティ身体の特徴まとめ
尾が丸みがある、牙がない、爪がある。
頭がやや下向き口が平ら。

スナメリやシロイルカとの違いは何??

ジュゴンにマナティと似ている海洋動物には、
スナメリシロイルカが混同する様ですね。

スナメリとシロイルカは丸いおでこを持ち、
ジュゴンとマナティとは顔の作りが異なります。

スナメリやシロイルカはイルカの仲間ですが
長い口をもたないため見分けが付きにくい様です。

イルカの仲間は鼻の穴が頭にあり、
ジュゴンとマナティの2頭は鼻の位置に鼻の穴があります



スナメリとシロイルカの身体的な違いは

首がはっきりしており、ターンをする際に
首にシワがよる様であればシロイルカ

さらにスナメリには背中の中央あたりに
小さく長めの筋状のコブの様なものがあります。

水族館で見分けるのであれば、
背中に筋があるか?ないか?
で見分けるのが手っ取り早そうな気がしますね。

 Sponsored Links