476468

家庭でお団子を作る時にお店で購入する粉に
上新粉白玉粉があります。

日本にはこうした似た様なものが色々とあります。

今回は上新粉や白玉粉の違い
用途についてご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

上新粉と白玉粉の違いとその特徴は?

上新粉と白玉粉はどちらもお家でお団子を作る際に、
お餅をつく事なく手軽に作ることができます。

おやつやお月見、仏様へのお供えなど幅広く使う事ができます。

どちらも原料は粘りのある
うるち米を使い、粉状にしているものです。

2つの違いはその粉にする過程です


上新粉はうるち米を精米したあと、
乾燥させ、粉にしたものを言います。

白玉粉に比べると粗く、
吸水しにくいのですが腰が強く弾力のあるのが魅力!


そして白玉粉はうるち米を一晩水に漬けてから
柔らかくしてからすり潰してから圧縮脱水、

そこから熱風乾燥させたものなので、
寒晒粉(かんざらしこ)などとも呼ばれています。

水分と馴染みも良く練り上げてから茹でて食べれば、
喉越しが良くなめらかでモッチリつるんとし、
冷やしても固くならないのが魅力です。

おしることぜんざいの違い!

 Sponsored Links

上新粉や白玉粉、米粉やもち粉の用途の違いは?代用は可能?

米粉はお米を粉にしたもの。
小麦粉の代わりにしやすく白玉粉などと同じ類です。

もち粉はうるち米を洗ってから粉状にしてから、
乾燥させたもので求肥粉とも呼ばれています。

つまり原料になる米の違いで、
餅になる米とご飯として食べる米の違い。

用途も異なって来ます。


上新粉や白玉粉、もち粉などは
主に大福餅や団子など和菓子の材料となります

米粉でも団子は出来ますが粘りは少ないので
パンケーキやクッキー、お菓子や揚げ物など
主に小麦粉の様な使い方をします

また、小麦アレルギーの方のために
小麦の代用として使われていたりします。

上新粉や白玉粉と団子粉との違いは?

上新粉、白玉粉などと一緒にならぶ団子粉

全ての粉で団子は出来るはずなのに、
あえて別に”団子”をつける必要はあるのか!?

その違いは何だろうと調べてみましたら、
これは、もち米とうるち米のミックスしたもの

アミロースというでんぷんの1つの成分は冷めてもおいしく、
少ないと粘りが強く、逆に多いと粘りが少ないのです

うるち米はアミロースの量が高く粘りが少なく
もち米は逆で粘りが強いのが特徴です。


つまり、うるち米の冷めてもおいしい部分と
もち米の粘りの強さなど両方とものよい点を
バランスよく保っているのが団子粉の魅力です。

ちなみにうるち米は、
日頃私たちが食べているお米のことを言います

新米と古米の違いや見分け方!

 Sponsored Links