19e67d99b236c2efac6c8976f75a5618_s

辞表退職届ってなんだか似ていますよね。

日本はこうした似た様な言葉が溢れていますが、
本来の意味をきちんと知ると違いが分かります。

仕事を辞める場合に提出をする
辞表と退職届の違いを今回はご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

辞表や退職届、退職願との違いは?

辞表と退職届。

会社を辞めるという意味では同じではありますが、
似ている様で使い道が異なります


・辞表
役職のある人が辞める場合に用いるも
一般的に使用する事がなく退職届の役員版といったもの。

・退職届
会社への最終意思表示で届けが受理されて退職となり、
退職願と違い特別な事がない限り撤回できない

・退職願
一般的に用いる形式。
一方的な退職届よりも会社を辞めたいので
それを受理してもらう様、お願いするスタンスのものです

退職と退社の意味の違い!


退職願・退職届を同類に扱っている会社もありますが、
本来はそれぞれ違いがあります。

退職願の方が下でに出ているので
まだ円満な感じが見受けられます。

多くは退職願を出すのが一般的です

ドラマなどでOLさんが「明日辞表出してやるんだから!!!」
・・・といってるシーンを見かけますが、
本来の意味を知ると間違いである事が明確ですね!

正社員と契約社員の違い!

 Sponsored Links

アルバイトの場合は辞表と退職届どっち?

アルバイトであっても就労をしているので、
辞める際にこうした届けが必要なのか?・・・悩むと思います。

辞表と退職届、どちらを出すのか?

アルバイトの場合は役職や役員ではないので退職届
もしくは退職願を提出しておくのが一般的です。

実際にはこうした届け出を出して辞める事は少ないです。


アルバイトの多くは場合は口頭が多く、
辞めたいのに辞めさせてくれない事は
違法性があるので本来止める事はできません

実際、やむを得ない理由があれば
アルバイトはいつでも辞める事は可能です。

もしも強制的にアルバイトを辞めたい場合は、
辞める効力の高い退職届を出す事をおすすめします

パートとアルバイトの違い!



辞表と退職届、退職願の書き方にも違いがある?

辞表や退職届、さらに退職願。
その用途の違いから書き方にも違いがあります。

多くはフォーマットになっているか、
会社側から必要な部分(名前や住所など)だけ記載するなど。


退職願の場合には、
「平成◯年◯月◯日を以て退職致したく、ここにお願い申し上げます。」

退職届では、
「平成◯年◯月◯日を以て退職いたします。」

など文末の違いがあります。


退職届を出しているのに
お願いするスタンスで出せばどっち?となるので
本来の意味をふまえて正しく記載しましょう。

 Sponsored Links