038799

ハリケーンや台風、サイクロンと呼び方が色々ありますが、
日本では台風がポピュラーな呼び方ですね。

この呼び方!
それぞれにどんな違いがあるのか?


今回はハリケーンや台風、サイクロンなど
違いの豆知識、ご紹介したいと思います!

 Sponsored Links

ハリケーンと台風、サイクロンの違い場所で呼ばれ方が変わる!?

ハリケーンや台風、サイクロン。

どれも災害を残して行く風の強い様をいいますが、
それぞれ「発生場所」によって分けられます。


台風は日本基準で決められた熱帯低気圧の1つに対し、
世界で発生する熱帯低気圧として、

ハリケーン=赤道より北の太平洋・大西洋上で発生するもの。
サイクロン=インド洋や南太平洋で発生するもの。

そしてハリケーンが東緯180度よりも西に進んだ場合は
日付変更線を超える事で台風(越境台風)と呼ばれます。


いずれも大型の台風であることは同じであり、
時として凄まじい爪痕を残す自然災害である事は共通しています。

 Sponsored Links

ハリケーンや台風、サイクロンと似てるけど違う?タイフーンの違いは?

台風と良く似た読み方に「タイフーン」があります。
結果は「同じ」ですが少々違いがあります

台風は日本基準で決められたものですが、

タイフーンは世界基準によるもので、
最大風速が”1分平均33m/s以上のもの”と決まりがあります


どちらも同じ熱帯低気圧ですが、

日本国内・世界基準と違いがあり、
気象状況の基準値は台風に限らず基準が異なる事があります。

ちなみにタイフーンはアジア圏で呼ばれる現象をいい、
さらに熱帯性低気圧「トロピカルサイクロン」とも呼ばれ
その中でも北西太平洋に位置するものを言います


世界のトロピカルサイクロンの中で台風は
もっとも発生数が多く勢力も強いと言われています。

  • サイクロン=低気圧の総称
  • トロピカルサイクロン=強さの分類基準
  • 台風・タイフーン
  • ハリケーン
  • サイクロン=熱帯低気圧の略称

こうした階層で分類できると思います。

他にもある!ウィリーウィリーや竜巻の違いは?

気象用語に「ウィリーウィリー」
という名を聞いた事はありませんか?

ウィリーウィリーはオーストラリア周辺で発生する
トロピカルサイクロンを呼ぶ際の用語としてよく使われています。


「ほこり旋風」に似た現象で、
トロピカルサイクロンとは実際には関連はない様です。

オーストラリアではこの様に呼ぶ事はないのですが、
なぜか根強く残っていて、オーストラリアに来たヨーロッパ人が
オーストラリアのアボリジニの言葉の意味を誤って理解した様。


さらに竜巻ですがトロピカルサイクロンと
低気圧の渦という意味では似たものになりますが

発生や構造、規模、継続時間
といったものが全く異なります

例をあげれば竜巻の直径は
100~1000mというサイズですが、

トロピカルサイクロンの直径は100~1000km
よりサイズの大きさがかわります。


台風によって悪天候が原因により竜巻が発生し、
一部地域で想定外の強い風が吹くこともあります。

また、日本では竜巻発生の主な要因に台風があります

 Sponsored Links