1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

医療機関は色々な表記をしていますが、
病院診療所の違いってご存知ですか?

一般的にはあまり知られていない
病院と診療所の違いをご紹介します。

 Sponsored Links

病院と診療所、医院やクリニックの定義の違いは?

皆さんは病院診療所
どちらに行かれていますか?

それ以外にも医療現場は様々と違いがあり、
他にも医院クリニックなどの名称のところもあります。

この違いは患者さんを受け入れて
入院できるベッドの数に違いがあります


病院・・・20床以上
診療所・・・19床以下

また、医院やクリニックは同等で
小規模な医療を受けられる施設です

この2つについては法律による規制がなく、
開業医によってどちらを用いる事も可能です。

診療所についてはベッド数が増えてその後、
実際に病院に名称が変わる事もあります。

これは医療法第1条の5により定められています。


他にも必要なスタッフ数の違いもあります

病院では患者3人に対して看護師が1名、
薬剤師も1名いることが最低条件としています。

診療所は医師が1名必要としていますが、
看護師や薬剤師については定めがありません。

 Sponsored Links

病院と診療所の初診料に違いはあるの?

病院でも診療所でも初めて行くと初診料を支払う事となります。

医療報酬については2年に1度の改訂が行われ
現在の初心報酬点数は282点となっています。

金額にすると1点10円なので、
282点×10円=2,820円となり、

保険などで3割負担該当者の場合には、
「850円※10円未満切り捨て」となります。


この初診料については病院も診療所でも同等です

他にも内科や外科、形成外科などと専門科に行った場合でも
1日に2科目かかった場合は2つ目から36点がプラスされます。

また、営業時間外や休日、乳幼児が診断を受ける場合は
加算がされ割増料金がかかることとなります

6歳未満の乳幼児の診断でかかる初診料は
病院、診療所共に357点です。

病院と診療所の再診料や外来診療報酬の違いはあるの?

再診料の点数は病院と診療所で違いがあり、
さらに病院でもベッド数(床数)によっても異なります

  • 再診料点数

病院200床未満・・・72点(720円)
病院200床以上・・・73点(730円)
診療所    ・・・72点(720円)
6歳未満乳幼児・・・110点(1,110円)


外来診療報酬は、
診察料と検査や治療、薬の料金と考えましょう。

この点数に外来管理加算52点が加算されます。

診療報酬の点数においては、
他にも細かなルールがたくさんあります。

 Sponsored Links