cba9a4d811b26e5ff01106bcc8a6aaa3_s

はちみつ砂糖も料理やお菓子作りに
かかせない甘みの1つです。

同じくして甘いという繋がりのある2つですが、
料理によっては砂糖ではなくて、
はちみつで代用してみようなどと思う事があります。

はちみつと砂糖互の甘みの違いや
お互いに代用になるのでしょうか?

今回ははちみつと砂糖の違いなどについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

はちみつと砂糖の栄養成分の違いは?

「砂糖=太る・身体に悪い」などとされ、
甘みについては、はちみつに変える人が多いです。

実際にはどちらも太る原因の1つにはなりかねません。

例えば砂糖ですが栄養などは極僅かで
主に糖質(炭水化物)が主でありショ糖というものです


はちみつに関しては、やや砂糖よりも糖質は下がりますが、
砂糖100gに対し糖質が100であれば、
はちみつは80gといったところです。

ナトリウムやカリウム、カルシウムなどといった
ミネラルを少量ながら含んでいます。

栄養面などでいえば、はちみつの方が優れています。


また、はちみつには殺菌作用なども期待できます

風邪予防にホットミルクや紅茶に甘みを付けるなら
はちみつを入れた方が入れないよりずっといいという事です。

 Sponsored Links

はちみつと砂糖はお互いに代用できる?甘さの換算方法と分量は?

砂糖には風味というものがありませんが、
煮物などの浸透率をあげるのに古くから使われ、
照りを出したりといった事に優れています

しかし、料理などで砂糖からはちみつに置き換え、
代用するという方も少なくありません。

この場合にはどう換算したらよいのか?


代わりとして使う場合ですが、
はちみつを砂糖の7~8割の重さにするとほどよく、
甘みについては砂糖100に対してはちみつが130

砂糖1kgに対して、はちみつ700~800gにすると
同じくらいの甘さになります。

もう少し具体的にすると砂糖大さじ3なら
はちみつなら大さじ1で同じ甘さです。


砂糖よりもはちみつにした方が、
カロリーの面でも-10kcal程度になるので
よりヘルシーであることは確かです。



唇のケアにはシュガースクラブとはちみつパックどっちがいい?

唇のケアにはちみつを塗ってラップをして少し置く方法と、
シュガースクラブという方法があります。

どちらのほうがより唇によいのか?

それにはまず、それぞれの効果と
形状の違いなど理解しなければなりません。


まず、砂糖を使ったシュガースクラブは、
唇の古い角質を優しく取り除く事ができ、
ターンオーバーを促す働きがあります

ハチミツでパックは保湿を与えるものなので、
唇のくすみは気にならないけれど
乾燥したり潤い感が足りない時にはこちらがおすすめです

もちろんシュガースクラブを行った後に保湿も必要ですから
仕上げにハチミツパックで潤いを与える!

・・・といったスペシャルパックや
はちみつに砂糖を加えてマッサージしてもいいですよ!

 Sponsored Links