ab2e7d7eb83f9c86a8cdbe42817f0923_s

ちょっと旅行に!・・・というときに
グリーン車にするか普通車にするか悩むと思います。

同じ時間の移動を伴うのは分かっているけど、
実際どう違いがあるのか?


グリーン車と普通車の違いなどについて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

新幹線のグリーン車と普通車の違いは?

新幹線のグリーン車と普通車の違いは、
おおよそ検討が付いていると思いますが、
グレードの違いがあります。

乗車の際には乗車券と合わせて、グリーン券も必要となり、
普通列車・新幹線といった種類や移動距離などで料金が変わります


普通車とグリーン車の大きな違いは座席で、
その列の違いに違いがあります。

普通車では2+3列=5列
グリーン車では2+2列=4列

そのためグリーン車の方が
前後のスペースが広く快適であることが魅力です

そして現在の新幹線では多くがコンセントを完備しているので
スマホの充電の心配もなく安心して移動が出来ます。


長距離の移動であればグリーン車の方が
かなり気持ち的にも余裕ができ、
座席の確保の心配もないので安心です。

 Sponsored Links

普通列車のグリーン車と普通車の違いは?

普通列車グリーン車とは新幹線とは異なり、
いわゆる一般普通車両に供えているグリーン車両をいいます。

全ての沿線であるわけではなく、
JR東日本管内であった場合には、

・東海道線
・横須賀、総武快速線
・宇都宮線
・湘南新宿ライン
・上野東京ライン
・常磐線

といった沿線の普通・快速車両に連結しています。


新幹線同様に乗車券以外にグリーン車券が必要です

購入方法は駅での購入以外に、車内でも購入は可能です。

アテンダントによって直接支払いか、
Suicaがあれば座席上に付いているので、
そこで簡単に支払う事ができます。


混雑以外の違いですが車内での飲み物や軽食販売があり、
普通車両よりも座席が広くリクライニングができます。

ちょっと今日はゆったりと仕事に行きたいといった時や、
ゆっくり静か帰りたい時にはおすすめです。

青春18きっぷでグリーン車も利用できるの?

青春18切符というお得な切符はご存知でしょうか?

特別18歳ではないと購入出来ない!といったものではなく

誰でも販売期間内であれば購入出来るフリーパスで
全国のJR線普通列車が1回あたり2,370円で1日乗り放題のお得なパスです。

新幹線などは対応出来ませんが、
普通列車や快速の利用は可能です



少し距離を乗る場合にグリーン車両の連結があり、
別途料金を払えば、グリーン車自由席の使用が可能です。

近郊であってもちょっと小旅行気分が楽しめる地域までの
移動の際に利用するにはとても便利な組み合わせになります。

なお土日や通勤ラッシュ時には満席になる率が高く、

平日の日中や夜間の上り列車などでは
高確立で座る事は可能です。


別途料金は平日50kmまでで750円、51km以上は950円
土休日と年末年始は50kmまで550円、51km以上で750円。

 Sponsored Links