0531dd8c9ca6ef3e19f7fdf1cc2aae23_s

大使館領事館などありますが違いは何でしょう?

今回は、大使館や領事館などの
違いについてをご紹介します。

 Sponsored Links

大使館と領事館の違いは?

大使館や領事館はそれぞれので
行う内容や用途の違いがあります


大使館とは外交のための施設で、
その国の首都に配置し外交を含めて公務を執行する拠点。

いわば会社で言えば本社の様な役割を果たして居ます。

領事館は首都以外にある主要都市にあり、
ビザ発給など文書許可認可が主な役割です。

いわゆる支社の様な感じになります。


大使館は国に対して1つですが、領事館は複数存在していて、
大使館には大使が駐在し領事館には領事官が駐在しています

日本でも数多くの外国領事館があり、
大阪、名古屋、福岡など主要都市に配置しています。

 Sponsored Links

領事館と総領事館の違いは?

領事館には総領事館もありますね。

国際法上で、総領事が館長である在学公館を総領事館
領事が館長であるものを領事館

つまり館長の階級によって区分されているものです。

ちなみに、副領事が館長であると副領事館
代理領事が館長だと、代理領事事務所と呼びます。


・総領事
・領事
・副領事
・代理領事

この違いはそれぞれ領事官の階級で、
設定や設置有無など詳細は派遣国の任意です


領事においては大使館とほとんどど同じで、
領事が接受国において職務を行います。

しかし、派遣国を政治的に代表し
接受国政府と交渉する権限はありません

主な領事サービスは、自国の国民の保護や
査証発行や証明書発行、他の国の情報を集め。

他にも友好親善、国際会議の準備などを担っています。

大使館と公使館との違いは?

公使館は大使館と同様、
外交使節が外交に使う施設を言います

外交使節団の長が特命全権大使の場合、

・その使節団が公務を行う場所を大使館
・その長が、特命全権公使の場合は公使館

誰が公務を行うか?によって違いがあります。


派遣国と接受国が外交を結ぶことで外交視察団を派遣しあい、
相手国の国内と必須ではなく
近隣の国へ派遣した施設に兼務させることもあります。

「外交関係に関するウィーン条約」などの条約によって、

・特命全権大使(略・大使)※臨時代理や代理もある。
・特命全権公使(略・公使)
・代理公使

とランクがあります。


大使は接受国の元首に対し、
公使は外務公使に対して派遣されます。

なかなかあまりこうした内容を知る事はありませんが、
何かの際にふと思い出してみてくださいね!

大統領と首相の違い!

 Sponsored Links