290b1068ef599fc4efd6cc90be6c4b3c_s

耳元を飾るアイテムであるイヤリングやピアス。

今ではピアスは男性のおしゃれにも
使われるファッションアイテムですね。

ピアスとイヤリングの違い
恐らく多くの方がご存知なのでは?と思いますが、

改めて特徴やメリット・デメリットなど
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

イヤリングとピアスの違いとは?

イヤリングはクリップ状で、
耳たぶに挟み込んで付けるアクセサリー、

ピアスは主に直接穴を開けて身につけるもの。

これが一般的な区別だと思いますが、
これは日本に限って言われている様です。


英語で「earring」はイヤリングだと思いますが、
実際にはイヤリングもピアスも含む
耳を飾るアクセサリーを指していいます

それでは大雑把過ぎるのですが、

ピアスは「ピアッスドイヤリング」
イヤリングは「クリップイヤリング」と言い、

耳飾りとしては同じ物としています


ピアスという言葉はいわゆる和製英語です。

意味は穴を開ける貫通させるという意味なので
身につけるピアスの意味に値しないものとなります。

 Sponsored Links

イヤリングとピアスのメリット・デメリットを比較

イヤリングのメリットといえば、
身体に穴をあけずに耳元のオシャレを楽しむ事ができること

ピアスの様に耳を傷つける事も少なく、金属アレルギーや
感染症リスクはピアスに比べると少ない点があります。

ただ、長時間身につけると痛くなったり、紛失のしやすさ。

現在ではイヤリングを売っている場所が
少なくピアスが主流になっている点などです。


では、ピアスは?・・・というと、

ピアスホールを開ける点でいわゆるなので
適切な耳のケアが必要であったり、
感染症の心配などがあり金属アレルギーなどリスクは高いです

メリットとしてはイヤリングよりも販売しているお店が多く
価格もリーズナブルで種類が多い点であったり、

フック式やフープ、キャッチ式などといった形があるので、
ファッションによって選択肢が多いのはメリットです。





なくしやすさは、イヤリングもピアスも
どちらも同じではないでしょうか?

ただ、身に付けている時に
紛失することがないのはピアスの方だと思います。

イヤーカフとノンホールピアスの違いやメリット・デメリットは?

耳を飾るアクセサリーは他にも色々あります。

イヤーカフは出てきた当時は耳の軟骨や
耳たぶに挟むタイプが主流でしたが、

現在では大振りで大胆なデザインで華やかな物が多く、
ピアス以上にアピール感の強いアクセサリーです。

穴はもちろん開ける事はなく、
耳にひっかけたり、耳全体を覆う様なデザインがあります。


他にもピアスホールを開けていないのに、
まるでピアスをしている様に見える!

・・・と好評のノンホールピアス

いわゆる耳たぶに挟み込むものですが、
滑り止めが付いていないと外れやすいという難点があります。

 Sponsored Links