a4f569b934ec1c1d22e70fbdf0a50525_s

(たか)(わし)は、
よく似ている鳥ですがイマイチ違いが分かりません。

それぞれの違いは一体?
今回は鷹と鷲の違いについてご紹介します。

 Sponsored Links

鷹と鷲の違いは大きさ?区別方法は??

鷹と鷲が似ているのは生物学上で同じ種類だから!
タカ目タカ科に属する猛禽類です

では、何が違うの?と言うと、
大きさと身体の模様で分類されている様です


タカ目タカ科の中で最も大きい種類は
オオワシでその全長は88~120cm、
翼を広げると約220~250cmとかなり大きいです。

続いてイヌワシで全長75~95cmほどで、
翼を広げると168~220cmもあります。

鷹で大きい酢類はクマタカで全長75~80cm、
翼を広げるとおよそ160~170cmほど。


つまり大きいのは(Eagle)、
小さめのものが(Hawk)ということです。

ただ、これらもはっきりとした区別はないそうです。

 Sponsored Links

鳶(とんび)と隼(はやぶさ)も同じ種類?違いは?

同じ様な見掛けの鳥は他にもいますが、
(とんび)は鷲や鷹と同じタカ目タカ科の猛禽類です。

しかし、(はやぶさ)はこれらの猛禽とは異なり、
ハヤブサ目に分類されるので全く別な種類です。


大きな違いはの違いで、
タカ目の翼は羽根の幅が広くて翼の先にある
羽根が1枚ずつ分かれている様に見えます

一方、ハヤブサ目はタカ目の逆で、
羽根の幅が狭くて先が尖っている形をしていて、
羽根が分かれている様に見えないのが特徴です

じっくりと観察しているとわかるかな?といった感じで、
なかなか素人目には分かりにくく区別できません。

動物園などで見かけた時によく観察してみましょう。

フクロウとミミズクの違いや種類!

 Sponsored Links