312578

服を買いに行くと見かける
Tシャツカットソーですが、

同じ形をしているのに分けるのには
何か違いがあるものなのでしょうか?

・・・疑問に感じる事があります。


Tシャツとカットソーの違いとは?
調べてみたのでまとめました。

 Sponsored Links

カットソーとTシャツは意味や見た目にも違いがある!?

カットソーとTシャツの違いですが、
皆さんはこの違いなんだと思いますか?

なんとなくカットソーの方が首周りが細めで
Tシャツはリブ編みでちょっと幅がある!

なんて違いで想像されるのではないでしょうか?


実際にはカットソーの意味は、

「cut and sewn(切って 縫う)」という意味で、
裁断された布(パーツ)を縫い合わせるというものです。

さらに1本の糸でループを作って編み込む
いわゆる「ニット」のトップスを総称してカットソーなのです




Tシャツもカットソーも多くは収縮性のある
ニット素材(毛糸に限らず)だと思います。

素材もウール以外にも綿やポリエステルや
アクリルなど編み込まれた生地を

袖やボディと縫い合わせているものは
全てカットソーという訳です


そうしたカットソーの中で、広げた状態が
「T」に見える事から、Tシャツと名前が付いた!

・・・という見た目の違いです。

なお、ポロシャツなんかもニット素材の衣類の1つです。

 Sponsored Links

プルオーバーもカットソーやTシャツの仲間!?違いは?

カットソーやTシャツと同じく、
かぶり物のトップスの中には「プルオーバー」がありますね。

ファッションの世界は色々な分類があり
それでいて似通った衣類が多い物です。


プルオーバーは「pullover」と書き、

「被って引っ張る」といった意味があり、
頭から被って着るトップスの動作を表しています

つまりカットソーもTシャツも
プルオーバーである・・・というわけです。




プルオーバーはカットソーの様に
素材には関係がなくかぶり物のトップス全体を言い、

逆にボタンで前が前開になるものや、
ファスナー付きのトップスには言いません

あくまでも一体で被って着る
トップスに対して使う言葉です。

カットソーやTシャツなどとニットやセーターの違いは?

ここまで来たらカットソーもTシャツも、
ニットやセーターの違いも分かってきますよね。

もう少し細かくお話しますと、
カットソーやTシャツ、セーターは全て「ニット」であって、

ニット”は商品の名前ではなく
生地となる素材が編み込まれているもの!

いわゆる生地の作られ方を意味し、
その逆に糸を織って作る「織物」があります。


また、セーターはカットソーやTシャツの様に
「縫い合わせる」といった縫製ではなく、

パーツごとに分かれてはいるものの、
毛糸で編み繋げられているものと分類します

つまり、ニット製品の中でも

  • 縫い合わせる
  • 編み繋ぐ(一体成型編み)

この違いによるものと理解いただくとよいでしょう。


ニット製品の中にTシャツやプルオーバーといった
名前が付いた裏側には商品を売るため!

いわゆるトレンドとして定着させやすくするために
付けられている事もあり、
かなり曖昧に付けられている事が多いのです。

 Sponsored Links