ad02753715c20c7547f5328d2f3ee4f9_s

飲み物を飲む時に使うもの!といえば、
コップやカップ、グラスがありますよね。

それぞれどういった違いがあるのでしょうか?

あまり考えずに使っていましたが、
コップだと思っていたらカップだった!
・・・なんてこともよくあります。

今回はコップ、カップ、グラスの違いついて
ご紹介したいと思います。

 Sponsored Links

コップとカップとグラスの違いは?取っ手が関係してる!?

なんとなく使っていた
コップやカップ、グラスの違いは比較的簡単!

わりと思っていた通りの違いかもしれません。

・コップ・・・飲み物の容器全般
・カップ・・・取っ手付き温かい飲み物用
・グラス・・・取っ手なし冷たい飲み物

コップという広いくくりの中に、
カップとグラスがあると考えればよいでしょう。


ちなみにコップは英語でCup(コップ)

その語源はオランダ語のKop(コップ)
”飲み物を入れる取っ手のある容器”から来ているそうです

グラスについては、ガラス製のコップで
冷たい飲み物を入れるものですが、

今では二重構造にして取っ手をつけた
洒落たガラス製のカップなどもありますよね。

 Sponsored Links

タンブラーとの違いは?

ガラス製でもコップに変わりないのですが
中にはタンブラーと呼ばれるものがあります。

今でこそタンブラーは飲み物を入れて運ぶ
魔法瓶機能が付いたりしているものもありますね。



本来はシリンダー型のグラスのこと!

具体的に言うとハイボールグラスやソフトドリンク、
ロングカクテルを飲む時に使うグラスをいいます。

容量幅は6オンス(180ml)のものや
10オンス(300ml)など様々です。

レストランではタンブラーというと
水用のグラスを差すようです。

マグカップやコーヒーカップの違いは?

カップの中にはマグカップと呼ぶ物もありますね!
定義通り主に温かい飲い物やスープを飲んだりします。

容器の素材も陶器やガラス、琺瑯やステンレス・・・

小さなお子さんが使うものだと
耐熱プラスチックなど、その素材はたくさんです。



マグカップの意味は実際には英語ではなく和英英語で、

英語で取っ手付きのカップのことを
mag(マグ)と言います。

いつから日本でそう呼ばれて来たかは明確ではないですが、
当時の人は「どっちも意味は同じじゃないか?」
と思ったのか合体させてしまったようですね。


ちなみにコーヒーカップやティーカップ
といったものもありますが、これは
それぞれの飲み物を入れる為のコップという意味です

なかなか混同してしまいがちでたくさんありますが、
ちょっと知って見ると面白いですね。

 Sponsored Links