b77274676be7c4f6c9b43da380f8c258_s

夏の「クーラー病」「熱中症」
どちらも夏場に耳にする病気です。

このキーワードはよく耳にするものの、
違いがよく分からないことがあります。


今回はクーラー病と熱中症の違いについて、
まとめましたので参考にしていただければと思います。

 Sponsored Links

クーラー病と熱中症の症状の違いとは?

クーラー病も熱中症も夏に起きる病気ですが、
それぞれの症状の違いをご紹介します。

  • 熱中症

室内外ともに起こす可能性があります。

急激な温度上昇に身体が対応しきれず、
体温調節が間に合わない状態

初期症状には、頭痛・腹痛・下痢・食欲不振、
吐き気、筋肉痙攣といった症状を引き起こします。

  • クーラー病

エアコンが効いた室内に長時間いる事で、
自律神経が崩れる事で起こる状態

初期症状には、頭痛、倦怠感や肩などのコリ、
食欲不振、神経痛、便秘、月経異常、冷え


いずれも体調不良であります。

クーラー病は危篤な状態になる事はありませんが、
熱中症は最悪危篤になる可能性もあるので注意しましょう。

猛暑や真夏日、熱帯夜の定義や温度の違い!

 Sponsored Links

クーラー病と熱中症の対策や対処方法にも違いがある!?

クーラー病に関しては
やはり自律神経を整える必要があります。

例えば昼休憩などは外に出てみたり・・・

冷えすぎる場所で温度を調節できない様な状態のときは
ひざかけや足元など冷えない様な対策を心がけます。

飲み物などでも冷たいものを飲み過ぎる季節なので、
暖かいものを飲んだり湯船につかる!

休日には軽く汗をかく様な運動を取入れるとよいでしょう。


熱中症においては、
ミネラル分を含んだ水分の補給

飲み過ぎてしまえば腎臓に負担がかかりますが、
適度に水分を取り通気性や吸湿性のよい衣類を選びます。

室内は暑い熱がこもらない様な環境を作り、
暑い時間は無理をせずにエアコンや扇風機を使いましょう。

日射病や熱射病は熱中症とは違う病気?

気温が30度を越えたあたりになると、
命の危機にも関わる病気が熱中症以外にもあります。

毎年多くの方が救急搬送される

  • 日射病
  • 熱射病



日射病は直射日光に浴び続けると起こる症状です。

炎天下で激しいスポーツや労働などで
大量の汗をかくことで水分不足を起こし、
心臓に戻る血液が足りなくなる事で心臓が空打ちする状態。

つまりは”脱水症状”を引き起こし最悪は命を落とす事となります。

全身の倦怠感や吐き気・生あくびなどといった
初期症状を起こし悪化すると頭痛や意識障害と進みます。


熱射病は身体に熱を溜め込んだ状態で
発散ができず、こもった状態を言います。

高温多湿の中に長時間いることで汗をかき、
水分・塩分が不足し体温調整ができなくなってしまいます

つまり、身体がオーバーヒートした状態で、
脈が早く汗も出なくなり危篤状態に陥ります。

虚脱感やめまい、吐き気といった初期症状を伴います。


なお、先に紹介した熱中症ですが、

日射病や熱中症、熱痙攣、熱疲労等といった症状を
総称して「熱中症」と呼ばれています。

日射病や熱射病・熱中症の予防・対策に大事なこと

 Sponsored Links