ccd244e708dae98f0c76b01c7cac068c_s

シュワっとしたアルコールにも色々ありますが、
シャンパンとスパークリングワインの違い!

味がほとんど変わらないので違いも分からないことも・・・

恥を書く前に知っておきましょう!
今日はシャンパンとスパークリングワインの違いをご紹介します!

 Sponsored Links

シャンパンとスパークリングワインは製法の違い?

シャンパンとスパークリングワインの違いは
まず製造する地域に違いがあります

シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方にある
特定地域のブドウ品種を使った、
シャンパーニュ製法という伝統的な製法で作られた物

その中で発泡性のあるワインのみシャンパンといいます。

それ以外のものをまとめて
スパークリングワインと呼ばれています。


シャンパンに使う品種は
黒ブドウ種のピノ・ノワール、ピノ・ムニエ。

白ブドウ種のシャルドネを使ったもので、
瓶の中で酵母により二次発酵をさせます。

代表的なものではモエ・エ・シャンドンがあがります。


スパークリングワインも同じく発泡性のあるワインですが
二酸化炭素を加えており、その量によって、
弱発泡と強発泡(一般的)に分けられています

シャンパーニュ製法と同じ作り方をされている
スパークリングワインにはクレマンスプマンテが有名です。


つまりシャンパンは製法の過程で、
自然と炭酸がうみ出されたもの。

スパークリングワイン
人工的に炭酸が加えられたものです。

赤ワインと白ワインの違い!栄養、カロリーを比較

 Sponsored Links

シャンパンのアルコール度数は?スパークリングワインとの見分け方は?

シャンパンのアルコール度数11%以上

さらにシャンパンはラベルに
「Champagne」の表記をしています。

見分け方としてはそこをチェックするとよいでしょう。


ちなみにBRUT(ブリュット)とあるものは、
辛口という意味であるため見分けの材料にはなりません。

チューハイやサワー、カクテルの違いとは?

 Sponsored Links