92f21bb80169abc5077f689232dc6ffb_s

コーヒーが好きな方ならご存知だと思いますが、
それほどよく分からず飲んでいる私からすると、
カプチーノとカフェラテの違いがよく分からなかったりします。

きっと同じ様に今さら聞けず、
この違いが分からない方もいらっしゃるのでは?

カプチーノとカフェラテって何が違うの!?
調べてみたのでまとめました!

ぜひ、参考にしてみてください。

 Sponsored Links

カプチーノとカフェラテの違いを知る前にカフェオレとの違いを知ろう

カプチーノとカフェラテの違いを紹介する前に、
カフェラテとカフェオレの違いを知ると分かりやすいです。

わりと混同しやすいカフェラテとカフェオレ・・・

すでにここでどっちも同じ文字に見えて来てしまう
それほど似通っているコーヒーの1つです。

この2つの違いは、
元になっているコーヒーに違いがあり、
他にミルクを使っている点は同じです。


・カフェオレ=普通のコーヒー
・カフェラテ=エスプレッソコーヒー

カフェオレの「レ」はフランス語でミルク(牛乳)
カフェラテの「ラテ」はイタリア語でミルク(牛乳)

といった意味で日本語にしてみたら、
いわゆるコーヒー牛乳ってことなんです。

カフェラテとカフェオレはミルクの量も違う!カフェモカは?

 Sponsored Links

ではコーヒーとエスプレッソの違いは?

じゃあ、コーヒーとエスプレッソって
どんな違いがあるの!?・・・となりますよね?

どちらもコーヒー豆から作るコーヒーですが、
一般的なコーヒーは豆を浅く焙煎し砕いたコーヒー豆を
熱湯で抽出して作る淹れ方をしますよね。


エスプレッソは焙煎をやや深くし、
さらに細引きにして専用器具を用いて圧をかけて
短時間で抽出したものをいいます。

深煎りして細引きにする方が豆の成分が溶けやすくなり、
味は一般のコーヒーよりも濃く感じます

カプチーノとカフェラテの違いはミルクの割合や泡が違う!?

カプチーノとカフェラテ。

どちらもミルクを使うコーヒーの1つだと
それくらいはなんとなくわかります。

主に使うコーヒーは、どちらもエスプレッソです。

では何が違うのか?
違いはミルクが泡立っているかそうではないか?
さらにミルクの量に違いがあります。





カプチーノはエスプレッソが3に対して、
スチームミルクが3・フォームミルク4で作られます。

カフェラテはエスプレッソと温めたミルクを
20:80の割合で使います。

なお、スチームミルクは
泡が立たない様に温めたミルクを言い、

フォームミルクはフォーム(泡)蒸気で
泡立てたミルクという意味です。


割合はお店によっても多少の違いはありますが、

いずれにしてもミルクを温めただけなのか、
立てた物を使っているのかは違いがあります。

次に飲みに行った時に、
この違い確認してみてくださいね!

 Sponsored Links