18986de0822d4ffc92832481685c95f7_s

ミルク感のあるコーヒーに、
カフェラテとカフェオレってありますよね?

あんまり意味もわからず、
メニューを見て注文していたり、
コンビニで買っていたりすることがあります。

この違いって思えばなんでしょうね?

今回はカフェラテとカフェオレの違いについて調べてみました!

 Sponsored Links

カフェラテとカフェオレの違いは材料や割合、作り方に違いが?

カフェラテとカフェオレは、
共通している部分では「ミルク(牛乳)」が入る事です

カフェラテのラテは、
イタリア語で「ラッテ=ミルク」の意味。

カフェオレのは、
フランス語でミルクの意味を持っています。

つまり、ミルク入りコーヒーであったり、
コーヒー牛乳という訳です。


それでは違いは言葉の違いだけ?と思いきや、
実際にメインになるコーヒーの違いがあります。

カフェラテを作るのに使うコーヒーはエスプレッソで、
カフェオレの場合は一般的なコーヒーなのです

エスプレッソは旨味と味わいが深く凝縮され、
カフェインの少ないコーヒーで、

一般的なコーヒーとは入れ方も異なり、
専用の器具を使用して抽出します。


さらに一般的にミルクの量も異なります。

絶対ではありませんがカフェラテの方がミルクが多め
カフェオレはコーヒーとミルクと半々が多い様です。

 Sponsored Links

カフェモカもカフェラテやカフェオレと違うの?

最近、有名コーヒーチェーン店などで
カフェラテやカフェオレと並ぶカフェモカ

メニューで見た事があるのではないでしょうか?

カフェモカは、ちょっとほろ苦さもあり、
甘くてマイルドな味わいが人気です。


こちらはエスプレッソと
チョコレートシロップ、ミルクを合わせた飲み物です。

ミルクの変わりにホイップクリームを合わせたものも多いです

実際にはアメリカ生まれの飲み物なのですが、
イタリアンテイストを意識しているらしく、
エスプレッソを使うことを定義としています

カフェラテとカプチーノの違いは?

割と混同されやすいカフェラテとカプチーノ。

イタリア生まれの飲み物で、
エスプレッソとミルクを合わせて飲むことは同じです

何が違うのか?
これにはミルクを入れるの違いがあります


カプチーノはエスプレッソ3に対して、スチームミルクを3、
蒸気で泡立てたフォームミルクを4の割合で加えます。

この割合はお店によって違いはありますが、
フォームミルクは必須になっています。

つまり、カフェラテは泡立っていないクリーミーな味わい、
カプチーノはミルクが泡立っているというところに違いがあります。



家庭でも手軽に作れるので、
好みの1杯を見つけてみてはいかがでしょうか?

こだわっている方だと入れる際の
コーヒー1つにも吟味している方もいるほど!

コーヒーの世界は広くてとても深いのです。

 Sponsored Links