b0b8d63aa4d29e97876db24676c4eeb5_s

花粉症の原因になるブタクサ

あのお餅に入れるとおいしいヨモギ
とても似ていて見分けがつきにくい植物です。

庭などの草むしりや花粉症の人は知っているとちょっといい
ブタクサとヨモギの違いについてご紹介します。

 Sponsored Links

ブタクサとヨモギの違いとその見分け方は?

ブタクサとヨモギは、
8月~10月に花を咲かせるキク科の植物。

キク科独特の葉の形をしていてとても似ているため、
素人が見るだけでは見分けがしにくいのが難点です。

間違えてブタクサで草餅を作ってしまった
・・・なんて事があるほど似ています。

ただ、開花時の花の色に違いがあります


ブタクサ黄色く房状に花を咲かせますが、
ヨモギの花は紫色っぽい花を咲かせるところ。

また、葉の取って少し揉むと、
ヨモギの方が香りが高く表面に産毛が生えています

さらに、地上では見る事ができませんが、

ブタクサは根が太く下へと伸びた先から
枝分かれをしてはえているのに対して、

ヨモギの根は横へと伸びて
長く根をはってゆく性質を持っています。

 Sponsored Links

ヨモギもブタクサと同じ様に花粉症やアレルギーになる!?

ブタクサは花粉症のアレルゲンとして有名ですが、
ヨモギ花粉症はなかなか知られていない様です。

ブタクサと同じ時期に花を咲かせるので、
実はヨモギでアレルギーが出ている可能性もあります

その症状はブタクサと同様で、目や鼻の症状以外にも
口腔アレルギー(OAS)という食物アレルギーを併発しやすく、

重症化した場合にはアナフィラキシーショック
起こす危険性もあるので注意が必要です。


ヨモギのアレルギーは、
人参やセロリといった食材を食べると反応を起こします。

ブタクサアレルギーで言われるメロンやスイカといった
ウリ科の食物やバラ科の食物などにも注意しましょう

ブタクサやヨモギと同じ時期にあるカナムグラもご注意!

秋は風邪と間違われやすいのですが、
なかなか症状が治らない場合は花粉症の可能性も・・・

秋に起こるブタクサやヨモギのアレルギー以外に、
カナムグラという植物の花粉症も多くみられます。

あまり耳にしたことのない名前かもしれませんが、
カナムグラはクワ科の植物でツルを伸ばして成長します。


ビールの原料に使われるホップに似ていて、
雄株より花粉が風によって媒介し、かなり飛散する様です。

カナムグラの花粉時期はブタクサやヨモギよりも
やや長めで8月~11月頃がピークです。

全国的に生える雑草で生命力が強く、
除草剤を撒いてもまた生えて来ます。


ヨモギやブタクサと同じく食物アレルギーを起こします。

ホップとの近縁種ですが、
ビールによるアレルギーの有無は明確になっていません。

ビールでアレルギーが出る場合は
他にも麦が使われているので、そちらの可能性があります。

実際には検査を行ってみないとハッキリは言えません。

ビールや発泡酒の違いは何?



花粉症は春のイメージがとても強いですが、
秋にも起こるので目の痒みや
鼻水などといった症状が続く場合には
耳鼻咽喉科への受診をされることをお勧めします。

 Sponsored Links