6fb2b145bda810c9faeaf69d8b372bda_s

あんこを絡ませた食べ物に
ぼたもちおはぎがありますよね。

どちらも全く同じ食べ物・・・
なのにそれぞれ呼び名が変わります。

なぜ違いがあるのでしょうか?

気になるぼたもちとおはぎの違い
調べてみました!

 Sponsored Links

ぼたもちとおはぎの違いはお彼岸と関係してた!?

ぼたもちもおはぎも、どちらも餅米をふかし丸めたものの
周りに、甘いあんこで包んだものを言います。

この違いについて色々憶測が飛んでいました。

まずぼたもちおはぎを漢字で書くと

・牡丹餅
・お萩



ぼたもちは牡丹が咲く時期である春の彼岸

おはぎは萩が咲く秋の彼岸に食べるもので、
小豆の粒をそれぞれの花に見立てたものといいます。

実際の花を見てみると似ても似つかないのですが、
古くの人の風情であるのだと思います。


ぼたもちだけ「餅」が付いたのには、

倭漢三才図会というものに、
牡丹餅および萩の花は形、色をもってこれを名づく
・・・という記載から!

形、色を当てて名付けられた事が由来している様です。

食べ物こそ同じですが、大きな違いと言えば
食べる時期によって名付けられた意味の違いでしょうか。

 Sponsored Links

ぼたもちとおはぎは他の季節でも呼び方が変わる!?

本来はその時期に応じて呼び方を変えるのが筋!
・・・とは言いつつも他の季節では
おはぎで通している店舗が多い様です。

しかし、他の季節の呼び方もある様です!

時期の呼び方は夜船
時期の呼び方は北窓


夜船はもち米とお米を合わせて炊き、
すりこぎで半分潰す感じにすって作るのですが、

餅の様にぺったんと突く事がなく
隣人にいつ突いたか分からない!・・・と言うことより、

いつ(船)が着いたか分からない⇒夜船


北窓においては、
北からは月が見えない事から同様に

突き知らず⇒月知らず
といったことから付いた様です。

本当、古人の想像力の豊かさは素晴らしいですよね。

ぼたもちとおはぎでこしあん・つぶあんの違いもある!?

中にはつぶあんをぼたもち
こしあんをおはぎと思われている方も多い様です。

これには小豆の収穫時期の違いで、

秋の彼岸は小豆の収穫時期と重なり、収穫したての
柔らかな小豆を餡にすることが出来たから!

春は冬を越して乾燥し皮が硬くなった小豆では
食感が悪いということで春の彼岸はこしあんが多い様です。

 Sponsored Links